デリケートな行為だからこそ本心を!

布団を濡らすこともそうです。タオルを敷いてもダメなら「防水シーツ使ってみようか?」「ペット用の防水シートがいいらしいよ」と気軽に言ってみたらいいんですよ。
最初に伝える時にはちょっとだけ緊張感が漂うかもしれませんが、「他の人はどうしてるのかネットで調べてみようか」「防水シーツ買ってみるね」「届いたから使ってみよう」となれば一緒に問題を乗り越えられたということになりますよね。そしたらもうその問題で雰囲気が壊れることはありません。

本心を明かさないことは、相手にとっても本心を明かすことができない環境を生んでしまいます。セックスは体のデリケートな部分を使うので、慣れてきてもたまには問題が起こるし、お互いのやりたいこと、やりたくないことが出てきます。デリケートな部分をさらけ出す行為だからこそ、一時の‟空気”を恐れてはいけないと思います。それは恥を捨てる、恥じらいをなくすということとは違うので、どんな小さなことでもサラっと伝えられるようになりましょう。その方がずっと良い雰囲気で性生活を続けることができますよ。

Text/Betsy

前後の連載記事