• sex
  • 2017.08.10

セックスが気持ちよくなるオナニー虎の巻

オナニーなんて所詮自慰行為…だけど、オナニーによってセックスが気持ち良くなったらお得!と思いませんか?せっかくするなら、彼とのセックスも更に気持ちよくなりたいですよね。それって実は簡単なことなんですよ。Betsy先生による虎の巻、必見です!

海辺で水着姿の女性が砂浜に座っている画像
by freestockpro.com

 キレイになるための女磨きでもなきゃ、膣メンテナンスのためでもないし、ちんこを気持ちよくする穴を作るための作業でもない、オナニーのお話。今週は「セックスに効くオナニー」です。

セックスが気持ちよくなるオナニー

 基本的にオナニーの方法は、気持ちよくてリラックスできて、体を傷つけないならどんなやり方でも構わないと思います。でもオナニーのやり方によって、セックスでも気持ちよくなるっていうおまけが付いてくるならラッキーですよね。

 といっても特別なやり方があるわけではなく、道具も必要ありません。ただ、自分の股間の構造を確認しつつ、色々な場所を愛撫するだけです。いつものオナニーの前戯代わりでもいいので、清潔にした自分の指を使って隅から隅まで優しく触れてみる。ただそれだけです。

 普段のオナニーではクリトリスしか触らない人も、たまには愛液や潤滑剤など(膣内に入っても安全なものを選ぶ)で濡らした指で、外側から内側へ徐々に触ってみると新たな発見があると思います。

 最初は大陰唇から。表面をサッと触るのと、手のひら全体で圧迫するのでは全く違う感覚を得られるはずです。小陰唇や、尿道口と膣口の間の部分など、普段存在を無視されている場所が、意外と地味に気持ちいい場所だったりします。膣内だって、お腹側だけじゃなくて側面とかお尻側にも気持ちいいと感じられる場所があります。そういう地味な場所の気持よさに気付けるのって、オナニーか長時間のねちっこい愛撫くらいなんです。長時間のねちっこい愛撫をする人はあまりいないけど、自分でならいつでもできますよね。

 セックスの時に得られる快感って、オナニーと違ってクリトリスや膣内のお腹側だけのピンポイント刺激じゃなくて複合的な刺激によるものなので、地味な部分の感度を育てるような気持で、たまには自分の股間を探ってみるといいと思います。

セックスの気持ちよさを半減するオナニー?

 そして、セックスに効くオナニーより、さらに大事なのが、セックスの気持ちよさを半減してしまうやり方を知っておくことです。
男性のオナニーって、誰にも教わらなくても大体握ってごしごしするスタイルのオナニーに辿り着くじゃないですか。でも稀に、床に擦り付けることで気持ちよさを覚えてそのスタイルを続ける人がいるんですけど、その方法でオナニーしていると、膣内射精障害といって、女性の膣ではイケなくなってしまうことがあるんですよね。

 女性の場合はセックスで快感がなくても妊娠することができるし、セックスでイケる人の方が少ないと言われているので、特に問題ではないとされているんですけど、もしも思春期から続けてきたオリジナルのオナニーが原因で、イクどころかセックスでの快感を得にくくなっていたとしたら「誰か早く教えてよ!」って思いますよね。
次の2つのオナニーは、女性のオナニーでは割とメジャーだけど、「セックスで気持ちよくなれない」原因になっている可能性の高いものです。

 脚ピン

 脚ピンとは、脚を閉じてピンと伸ばした状態でクリトリスに触れたり何かに擦りつけたりするオナニー方法です。セックスで気持ちよくなることへのこだわりがなければ、脚ピンオナニーしちゃっていいと思います。確かに脚ピンでオナニーしたらすぐ気持ちよくなれるから。でも脚ピンしないと気持ちよくなれないとなると、セックスで気持ちよくなるのが難しくなります。だってセックス中ほとんどの行為では脚の力を抜いていないといけないですから。
 電マ

 電マを使ってオナニーしてもセックスに差し支えないと言われてはいますが、私の周りで頻繁に電マオナニーをしている人で、電マを使わずにセックスでイケる人はいません、指どころか、一般的なローターでも気持ちいいと感じられなくなることもあります。
電マでしか気持ちよくなれないならセックスに電マを持ち込めばいいだけなんですけど、できれば電マに慣れない方が、舌や指の柔らかい刺激によるゾクゾク感を味わえてお得だと私は思います。

 
 電マと同じく、クリトリスを指で圧迫して激しく擦る方法や、机の角などの硬い所に押し当てる方法も「セックスで気持ちよくなれない」原因になっている可能性が高いです。
強い刺激ですぐに気持ちよくなろうとしなくても、クリトリスって神経が集中している敏感な場所なので、慣れれば優しい刺激だけでも十分気持ちよくなれます!

Text/Betsy

次回は<直近のセックスの思い出しオナニーで中イキしやすい体に!?役に立つオナニー>です。
オナニーはただ触って楽しむだけじゃない!食う工夫次第で、身体の健康に、筋肉に、精神に、睡眠に、良いことがたくさんあるんです!今回はBetsyさんが数あるオナニーシリーズをご紹介します。オナニーマスターへの道は近い!

童貞の疑問を解決する本. 書籍版

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。
今月の特集

AMのこぼれ話