毛がないだけで普通の正常位が激変

 セックスはどうなったかというと、始めのうちはちょっと触れられただけでくすぐったいようなゾクゾクするような、でも悪くないという感じでした。しかし時間が経って毛のあった部分(恥丘)まで自分の愛液が広がってくると驚きの変化があったんです。

 普通に正常位をしているだけなのに、相手の体がトントンと恥丘に当たる振動が、皮膚どうしが擦れ合う感触が、愛液が気化してひんやりする感覚が、全て快感になって襲い掛かってくる! 予想外の快感にいつも以上に乱れてしまいました。
事後に脚を絡めて横になっている時も、相手の膝が恥丘に当たるだけで再び大洪水になる始末です。毛がないだけで、こんなにも違うとは。パイパンもやってみるもんですね。

 股間が無毛になったところで生活には何の支障もないのですが、Vゾーンが少し乾燥しやすくなった気がします。今のところ、irohaのデリケートゾーン用ソープ「INTIMATE WASH 〈moist〉」で洗浄した後にアンティームオーガニックのジェルとローションで多めに保湿して、どうにか乾燥を防ぐことができています。
 
 パイパンにして10日が経過しましたが、毛のない見た目にはまだ慣れません。洗面所で服を脱ぎ、鏡に映る自分の体を見る度にハッとしてしまいます。何度見ても宇宙人にしか見えません。私はやっぱりI・Oつるり、V少々の方が好きだなと再確認したので、これが最初で最後のパイパンです。

Text/Betsy

次回は<膣圧には自信あったのに!セックス中に気づけばユルユルになっている膣のナゾ>です。
締まりには自信がある!膣トレにもはげんでいる!そんな女性もセックス途中でなぜか故意に締めることができなくなる…といった経験があるのかも? 共通点はお相手となる男性のサイズ! また、挿入の時間も膣圧に関係するというのです。

前後の連載記事