AVは観るけど、自分が何に興奮するかはまだわからない

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス 小倉ありす 2003年デビューのアイドルAV女優。 かわいかったなあ…。小倉優子に似てるからこの芸名なんでしょうか。

――最初に観たAVって覚えてます?

服部: 2ちゃんねるに「可愛いAV女優の画像あげてけ」ってスレがあって、そこで見つけた小倉ありすちゃんていうAV女優さんを好きになったんです。で、あんまり可愛いんでどうしても動いてるところ観たくなって、当時使ってたガラケーで一生懸命検索して、ありすちゃんがファンの家に行ってエッチするっていう内容のを観たのかな。

――初AVはどうでした? 興奮した?

服部: うーん、そのときは、もういいやって思いました。AV女優というよりはアイドルとして好きだったので、写真で可愛いとこだけ見てる方がいいかもって。
今でもそういう感覚は残ってて、AV観ててもオナニーのオカズを見つけるのがすごく大変なんです。かわいい女の子のファン目線で観るのは好きなんだけど、オカズとしてだと自分がどういうものに興奮するのかよくわからない。

――えー! AVメーカーに勤めてるのに、それは結構珍しいんじゃない? ちなみに普段してる妄想っていうのはどんな感じ?

服部: 急に降りだした雨で濡れちゃった男女が近くのホテルにしけこんで……っていう少女マンガみたいな内容です(笑)。でも、自分が実際にそういうラブラブなことしてみたいっていうんでもないんですよね。妄想もAVも第三者目線で、楽しいんだけどほんとの意味で感情移入ってできないんです。

――じゃあ、ハメ撮り作品観てもムラムラしないの?

服部: それはもう……恥ずかしくてムリです。

――うわ~。ほんとにAVメーカー勤務なんですよね!? なんかドキドキしてきました!

 次回は、男性アイドルが好きだという服部さんのオナニー事情についてお届けします。

Text/遠藤遊佐

前後の連載記事