夫が私に感謝したこと

このように、どちらが良いとは言い切れないが(炎上避け)今の世相を考慮すると賃貸の方がリスクは少ない。
しかし「個人の価値観による」というのもただの炎上避けというわけではないのだ。

今言った持ち家デメリットは、ほぼ経済的なことでしかなく「QOL」は別である。

使いたくてしょうがないので使った言葉だが「QOL」とは「人生の質」ということである。

安い賃貸に住んだ方が経済的には得かも知れないが、狭い家でケンカが絶えず、子どもが暴れてご近所トラブリューが起こるなど、そのせいで家庭がギスギスしたり崩壊したら、果たしてそれは得だろうか。

家を持つのが夢で、家を持つことで、一家が快適に幸せに暮らせるのだとしたら、やはり買う価値はあるのだ。

そういう意味で、我が家が家を買って良かったかというと言葉に詰まるのだが、最近良い事もあった。

先日、結婚10周年を祝う会食を行ったのだが、その際、こんな機会もないだろうから「私が人間として暮らして生きていられるのはあなたのおかげだ、感謝している」と謝辞を述べたところ、夫も「俺も感謝している」と言ったのだ。

瞬時に「どこに?」と思ったが、夫はやや沈黙あって「あなたのおかげで家が買えた」と言った。

もちろん私が家を買ったわけではない。
おそらく私に感謝していると言われて、夫も反射的にオウム返ししたは良いが「具体的に感謝できるところが何一つ見当たらねえ」ということに気付いてしまい、苦し紛れに言ったのがそれだったのだろう。

確かに、家のローン審査は二人で受けたが、今の金融機関は金を貸したくて仕方がないので、ローン終了が80歳とかでも平気で貸すため、おそらく夫一人でも通ったと思う。

しかし、1つでも夫が私に感謝できる点ができた、という意味で家を買って良かったと思う。
そう思わないと先が長すぎる。

Text/カレー沢薫

カレーなる夫婦生活が書籍化!

夫婦コラムのはずの本連載が、土方歳三への愛を綴った廃人日記として書籍化されました。

愛に生き愛に死ぬカレー沢さんのガチャ爆死録は必見です!

前後の連載記事