【保存版】LINEの返事をもらうオリジナル四十八手を考えました

今日も好きぴからのLINEを待っている皆さん、こんにちは。

実はLINEを催促する方法に48パターンがあるのをご存知ですか? 体位の四十八手やカーマ・スートラほどは知られていない「LINE催促の四十八手」、今回は特別にすべてをご紹介します。

とにかく何でもいいから返事がほしいときに試してみてください!

LINEの返事をもらう四十八手

彼が思わずLINEを返したくなってしまうような手練手管です。時と場合に応じて使い分けましょう。

1. アイコンを彼の写真にする

「怖がられる」より「気にならせる」を取った捨て身の行動です。なにかしらの連絡がきます。

2. ガリレオみたいな計算式を画像で送る

実に面白い。理系男子の心をくすぐります。

3. セブンイレブンのフランチャイズオーナーになる

長い道のりですが、おいしい惣菜の力を前に彼はLINEを打つ手が止められないはず。

4. ミスターマリック方式

アイコンを背景色になじませ、名前もなしにします。「消えた!?」と思うと気になってしまうミスターマリック方式です。

5. 「Amazonアカウントを一時停止しました」

この一文を届くと、誰でもビビります。滅びの呪文みたいなものです。

6. シンプルにワン切り

電話をかけた形跡だけ残して気を引きます。何回もやるとウザがられるので、ここぞというときの一撃必殺技です。

7. 東京ラブストーリー方式

「セックスしよ!」だけ送る、赤名リカLINEです。どんなタイプの男性でもなぜか返信がもらえます。

8. 「○○○の妹です」

相手の親族からLINEが来るとビビります。人目を引くためには手段を選ばないYouTuberの姿勢を見習いましょう。

9. 「アプリから来ました!」

返事が来ないのは、関係が煮詰まっているからかもしれません。LINEの一通目から出会いを仕切り直します。

10. お母さんとのLINEグループを作る

前触れもなく自分の母親とのグループにぶち込みます。三者面談にすることで、返信しなきゃいけない圧力をかけます。

11. お巡りさん

LINEのアイコンを警視庁マークにします。誰しも国家権力には弱いものです。

12. LINEで小説を連載する

返事が来ないならそのトーク画面は独壇場です。勝手にオリジナル小説を投稿し、彼をファンにさせましょう。

13. 彼女の距離感「ねえねえ」LINE

急に「ねえねえ」だけ送ります。彼女にしか許されない距離感を演出することで、向こうも彼女だと勘違いして「なーに?」と返事がきます。

14. HAT作戦

「(H)ハムカツ(A)揚げたけど(T)食べる?」と写真付きで送る作戦です。このときのハムは厚ければ厚いほどいいです。

15. 「もう一回遊べるドン!」

『太鼓の達人』世代の彼に「じゃあ遊ぼうかな?」と思わせることができます。LINEを返すドン!

16. 37.5℃の体温計の写真を送る

微熱です。重症ではないけどそこそこツライことを伝えて同情をそそりましょう。

17. 告白する

返事がこないなら仕方ない。「好きです。付き合ってください!」とダメもとで送ってスッキリしましょう。

18. おじさん構文

「◯◯チャン❗️元気かナ💦」とおじさん構文でLINEします。中の人が変わったと思われて返事がきます。

19. 買い物のメモ代わりにする

返事がないならメモ代わりに使いましょう。大根、イカ、醤油、みりん……大根の煮物で家庭的アピールができます。

20. ブラックサンダーのギフト券を送る

LINEギフトを送ると全員喜びます。ブラックサンダーは32円なのでコスパが高いです。

21. 「◯◯さんがハートをプレゼントしました」

2021年にまだツムツムをやっていることで一途アピールができます。ただし、返事はきません。

22. 自作LINEスタンプを作る

自分の顔写真を使ったLINEスタンプを送ります。顔を見てもらえるし、クリエイティビティもアピールできて一石二鳥です。

23. 「私メリーさん、今あなたの家の前にいるの」

毎日1枚ずつ、家に近づいていく写真を送ります。LINEの返事さえもらえれば何でもいい人におすすめ。

24. 「今渋谷にいた!?」

裏の思惑を100%隠した自然な連絡です。四十八手の中でもガチで使えます。