少年アヤちゃんが行く 恋の東京散歩

 こちらの連載では、少年アヤちゃんが東京各地を散歩しながら、その時に感じた・見たものを写真日記風に語っていきます。ぜひアヤちゃんと一緒に散歩気分を味わってみてくださいね♪ 
読み進めていくうちに、各地域別の男女の様子が浮かび上がってくるかもしれません。

代々木公園に出没する何もかも平均的なカップル
彼らの日向ぼっこは「悲しい前戯」


 初めまして。少年アヤと申します。
これから東京各地の珍スポット・好スポットを巡り、レポートし、小銭を稼いで行きたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

 第一回目である今回はまず、代々木公園を訪れてみる事にしました。
ここ最近、痔持ちのオカマという現実に疲れきっていたのもあり、死ぬほど自然に癒されたかったのです。しかし、実際に私を待ち受けていたものは癒しどころか、更に過酷な現実でした…。


少年アヤちゃん 代々木公園 東京散歩

 まず、カップル率の高さに傷付きました。特に芝生エリアは全体の7割をカップルが占めていて、そのほとんどがゴロンと仲良く寝そべっていたのですが、「そりゃ経済も回らなくなるわ!」とか最もらしい理屈をこねて怒りたくなるくらい、みんな幸せそうに、ゴマちゃんみたいな顔してただ寝そべっていたんです。キュ~じゃねえよ。


少年アヤちゃん 代々木公園 東京散歩

 中には、今にもおっぱじまりそうな空気のまま絡み合って硬直(睡眠)しているカップルもいて、思わず「まあ、いやらしい!」と目を背けたくなりましたが、見方を変えれば日干しされて死んだダニそのものなので、必要以上に気にしたり、劣等感からクサクサする必要はありません。
むしろオカズとして消費するくらいで良いと思います。どこかに投稿するのも良いかもしれませんね。

 ちなみに、こういうところで公開前戯みたいな事をしちゃうカップルの特徴は、意外ですが「普通」以外に挙げようがない印象でした。
渋谷系とか、ロハス系とかラベルで分類できない感じ。何もかも平均を通りながら生きて来て、そんな人生のスパイスとして、休日昼間の公園の芝生で日に照らされながら前戯をしている、という感じでしょうか。「本当は悲しい前戯」です。