②自分の好きなメイクをして行け!!

~自分で選んだ最高のメイクは全て必勝メイクである~

 服に引き続き、メイクも、極論自分の好きでいいのかなぁと思います。
そりゃ、細かいテクニックをあげたらきりがないです。カラコンとつけまで目を大きく魅せたほうが良いとか、黄金比にしたほうが美人に見えるとか、肌はキレイに艶感のある感じにしたほうがいいとかね?
いっぱいありますが、それはもう他で言い尽くされているので、ここではあえて言わせてください。

 ずばり!!!!! 「自分の好きな服に合う、好きなメイクをして行け!!」

 私も昔はテクニックばかりを信じてやってきましたが、最近は自分の好きなモード系の服に合うメイクをしています。薄化粧で、つけまやカラコンはせず素材の美しさを活かすようなメイクです。

 本当は、もっと黄金比に近づけたほうがいいのはわかるけど、でもハイライトやシャドウを濃くすると服の世界観と合わなくなってしまうからやりたくないのです。整形を決意した理由も、別にキャバ嬢としての売り上げアップが目的だったわけではなく、あくまで自分が自分らしく美しくいたい。そのために、自分の好きな服、メイクに合うような顔にしたかったのです。

自分の「好き」を追求しよう

 全員が全員、私のような価値観を持つ人だと思っているわけではないですが、デート服やメイクテクニックを古今東西やり尽くしたあとは、ぜひ自分の「好き」をとことん追求してみてはどうかなぁ?と思っています。

 好きを追求する中で出会った男性とは、絶対に相性が良いと思うんですよね。キャバ嬢5年もやって私がたどり着いた答えですが、「型は身に付けつつも、最後は自分が肩の力を抜ける相手がベスト」のような気がします。

 今回は、ちょっといつもの記事とは毛色が違う切り口になっていますが、皆さんの心に何かを残せたら嬉しいです!また次回アディオスベイビー(*ノωノ)

Text/隠遁人妻

■真剣なお付き合いがしたいあなたにオススメの記事
マッチングアプリ婚活に疲れた人へ!結婚に真剣な異性が見つかるサービスって?