春が旬! 磯の香り豊かな「生青海苔と豆腐の中華スープ」

鶏手羽の黒酢煮生青海苔と豆腐の中華スープの画像

【材料】
・生青海苔 1パック
・絹ごし豆腐 1丁
・鶏ガラスープの素 大さじ1と2分の1
・日本酒 大さじ1
・水 650cc
・塩 小さじ2分の1

鶏手羽の黒酢煮生青海苔と豆腐の中華スープの画像

1.鍋に水を入れて沸騰させたら、鶏ガラスープの素と日本酒を加え、さらにひと煮立ちさせます。

2.賽の目切りにした豆腐と生青海苔も加え、青海苔が黒色から鮮やかな緑色になったら火を止めます。

【ポイント】
青海苔は香りが命! さっと火を通すことで繊細な磯の香を活かします。

3.仕上げに味見をしつつ、塩で味を調えたら、出来上がりです。  生青海苔は今の時期だけしか出回らない季節の味。スープやお味噌汁といった汁ものから、塩味の炒めものに少し入れてもおいしいです。冷凍すると日持ちするのも嬉しいポイントです。

+++++++++++++

 「働き始めようと思う!」
そう彼女に伝えたときの反応は拍子抜けしてしまうほど、あっさりとしたものでした。

 「へー働くんだ」
喜んで良いのか、悲しむべきなのか、圧倒的な期待してない感! もはや経済的戦力外通告!!

 なんとも言えない感情と共に沸いてきたのは、ものすごい安心感でした。
この人が今まで自由に泳がせてくれていたから、自分のヒモ生活は楽しくて充実してたんだ!ということに気がついたのです。

 彼女の予想を良い意味で裏切るべく、しばし社会で頑張ろうと思います。

Text/まいったねぇ

次回は <一日おつかれさま!まいったねぇさんから最後のレシピ「レモンサワーと砂肝のからあげ」>です。
約2年間あまり、AMで数々の心温まるレシピを紹介してくれた「ヒモ」のまいったねぇさんによる連載が最終回を迎えました。この春、就職し、もう「ヒモ」でなくなったからです。この連載で伝えたかった「いたわりご飯」の真髄をお届けします。

前後の連載記事