Loading...

別の女がいる男の家に置いておくべきものは?ライバルを威嚇するたった一つのマーキングアイテム

男女間で行われるマーキング行為とは

姫野ケイ ホットクレンジング skinvill アム AM Sebastyne Young

 みなさま、「マーキング」をご存知でしょうか。そうです、ワンちゃんがお散歩のとき、電柱におしっこをひっかけるアレ。
自分のニオイをつけて「ここは俺のなわばりだワン!」と別のワンちゃんに知らせる意味があるそう。

 動物だけでなく、人間の男女間でもこの「マーキング」は行われています。
方法は、おしっこをひっかけるのではなく、彼の家に「わざと忘れ物をする」こと。
なぜ、そんなことをするかというと、「彼の部屋は私のなわばりよ?」と別のオンナに忘れ物を通してメンチを切るためです。そこはワンちゃんと同じですね!

マーキングアイテムに必要な3つのこと

 では、マーキングアイテムにはどのような物が最適か。
周囲の男性から聞いた「実際に女性に置いていかれたマーキングアイテム」の例をご紹介しつつ、3つの条件を学んでいきましょう。

「コンタクトの洗浄液。俺は裸眼だからヤバイ!と思って、あわてて捨てました」
(26歳/SE)

「女性用の傘。雨が降るまで気づかなかったし、隠しにくいからやめてほしい」
(25歳/公務員)

「甘いカクテル缶チューハイ。泊まった夜に飲み残したものが冷蔵庫にありました。缶ゴミは週1しか捨てられないので、地味に困る」
(22歳/学生)

 どの例からも、「もうここは私のなわばりだし、次も来る気満々だから置いておいてね!」という強い意志を感じますね。けれど、これはすべて失敗例。ライバルを威嚇する前に、男性に発見され、隠されるか捨てられるかされています。

そう、一つ目の条件は「男性に発見されくにい物」です。

確信できるアイテムでライバルにメッセージを

 家主の発見を巧みに逃れ、無事(?)相手の女に発見されたとしても、男は最後まで悪あがきをします。

 先ほどの例にあった洗浄液なら「男友達が置いていった」と言い訳しますし、女性用の傘や甘いカクテルなら、「みんなでうちに遊びにきたときの物」「来たけど、すぐ帰った」と言い張ります。
嘘だろうとは思うけど、嘘だとは言い切れない。
「明らかな女性もの」で、「宿泊を示すもの」でないと、ライバル達にきちんとメッセージを伝えられません。

 これが二つ目、三つ目の条件です。

 ちなみにこの三つの条件を満たしているのに、失敗している例もあります。

「汚物入れがトイレに置かれてました…。別の女性の指摘で発覚。馴染みすぎて気づかなかった」
(32歳/自営業)

 文面から男性がどん引きしているのがわかりますね。男性だけじゃなく、汚物入れはさすがに私もどん引きです。
ライバルを蹴散らすことばかりに夢中になり、「男性をゲット」するという最終目標を忘れてます。まさに本末転倒!

 つらつらと条件を書き連ねましたが、
結局のところ、「マーキングアイテムに一番ベストなもの」は何なのでしょうか。

前後の連載記事