Loading...

正しさとは何か?炎上の向こうに見えるもの

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 愛 恋 経験 philcampbell

 最近の傾向で嫌だなと思うことが一つだけあります。
叩いて良いと思ったことがあると、
一気に晒し上げ、叩き、炎上させるという雰囲気です。

 たとえばTwitterでアルバイトの店員さんが
店の冷蔵庫で涼んだり、ハンバーガーのバンズをベッドにしたり、
飲食店で全裸で撮影したり、
学生さんがテーマパークでイキがった真似をしたり、
酔った勢いで入ってはいけないところに入って撮影したり。

 インターネットリテラシーがない。
という一言で、赤の他人だったら終わらせて良いと思うのですが、
正義の名の下に、見ず知らずの人が
怒ったり、叩いたり、追い込んだり、何か制裁を加えようとする
風潮があるようなのです。

胡散臭い正義

 私は「正義」という言葉ほど胡散臭いものはないと思っています。
正しいという概念は人の数だけ違っていて、それで当然なのに、
何故か正しさというのは、他人に押し付けたくなるようですね。
そうして正しさと正しさがぶつかり合い、諍いが起こります。

 正しさを押し通そうとする心理は、
正しくなければ愛されないという恐怖心からくるように思います。

 僕って正しいよね?私って正しいよね?
なんで正しさがわからないんだよ。
おまえは間違っている。
そうだ、おまえは悪い人間だ。
だったら罰を与えて教えてあげよう。
ほーら、痛い目にあっただろう。
おまえは間違っていたんだ。
僕は正しい。私は正しい。
だから僕のこと、私のこと、愛してくれるよね?

 私もたまに炎上の現場を目にしてしまったりしますが、
その光景は正義を振りかざすことで愛を乞う、
哀しい人の群れに見えてしまうのです。

前後の連載記事