幸せは意外と辛い

 逆に幸せって辛いんです。
「辛」という字の一番上に一つ横棒を足して、十にすると
「幸」になる。
十分に辛い思いをした人だけが、幸せになれる。
なんて例え話がありますが、
たしかに十分に辛い状態を経なければなれないくらい
幸せって大変なことなのです。

 その点、不幸は周りから同情もされるし、
不幸を理由に怠けられるし、
なってみると、意外に楽なんですね。

 だから、私はある時から
幸せいっぱいの人をみると、
ここまで来るのに大変だったろうなと思い、
これからも維持をするのは大変だろうなと
気遣うようになり、単純に羨ましがったり、
妬んだりすることはなくなりました。
幸せと不幸せに対して、ニュートラル(中立的)になれたのです。

前後の連載記事