お姫様じゃなくても、結婚式はできる

 そんなときに、友達から「結婚式に行くの、楽しみにしてるね!」とLINEが。行くのが楽しみ…そうだ、これは私のための結婚式ではない。友人のLINEが心を洗ってくれました。確かに私はアラサーで、ボロボロの体形で、誰が見て喜ぶんだ、この身の程知らず!な花嫁です。

 友人は私だけのために来ているわけでない。きっと旧友との再会や料理が楽しみなはず。私はぐるぐる悩むのをやめました。「お姫様じゃなくても、結婚式はできる!」と。お姫様になれなくても、プロジェクトとして結婚式を楽しもう。その結果、従来の予測から10%の予算カットを実現すると同時に、顧客満足度を最大化するイベントをご提案できま(略)

 なお、ウエディングドレスは店員に選んでもらった結果、40万円かかりました。みなさまも結婚式をされる際は「わからなくても価格はチェック」しておくことを強くオススメ致します・・・・・・☆私って、ほんとバカ。

※次回はいよいよ最終回、ドタキャン!?それでも迎えた当日編 です。

Text/トイアンナ

前後の連載記事