アルテイシアの恋愛デスマッチ

VERY妻になりたかった母の死から学んだこと

将来はVERY妻になって、周りから羨まれるようになりたいと思っている方、要注意です。世間ではセレブ妻ともてはやされても子どもにとっては毒親になっているかもしれない…アルテイシアさん自身の凄絶な体験を切実に綴ります。

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
©jaguarmena

 新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』では「本当に幸せになれる相手をみずから選ぼう」と書いてます。
そのために「自分にとっての幸せは?本当にほしいものは何?何を捨てられて何は捨てられないのか?その優先順位は?」を考えましょうと。
私は一貫して「他人軸ではなく、自分軸で考えて選ぼう」と主張してきました。その主張の陰には、母の存在があります。

 母は今でいうVERY妻になりたかった人でした。
キラキラ女子の最終目標、勝ち組の象徴。ハイスペ夫と結婚してセレブ主婦になり、子どもを有名私立に通わせて、周りから「幸せそう」と羨まれる存在。
母はその目標を叶えたけれど、全然幸せそうじゃなかった。そして最期は誰にも看取られず、1人暮らしの部屋で遺体で発見されました。

セレブ婚をした後、どんどん壊れていった母

 母はとても美しい人でした。母似の弟は若い頃モデルをしていました。ちなみに私は父似で、父は左とん平に似ています。
母は若い頃からセレブ志向が強かったらしく、24歳でお金持ちのお坊ちゃんの父と結婚しました。父は高学歴のエリートで、親から継いだ会社を経営していた。

 自分の学歴の低さがコンプレックスだった母は、私と弟を有名中学に入れるのに必死でした。「あなたのためを思って」と言っていたけど、そんなの詭弁だと子どもでもわかる。
実際、母の日記には「イトコの○○ちゃんよりもいい学校に入れる!」等と書かれており、私と弟は仁義なき代理戦争に巻き込まれ、マウンティングの道具にされたのです。

 クソみたいな受験地獄を経て、姉弟共に有名中学に合格。誇らしげな母を「自分が勉強したわけじゃないのに、なぜ誇らしげなのか?」と冷めた目で見ていた私。
その頃には夫婦仲も冷めきっており、父は家に帰らなくなっていた。そして私が中学の時にバブル崩壊で父の会社が傾き、結婚生活も破たんしたらしい。

「らしい」というのは、私は両親の離婚を親せきから聞かされたから。親せきに「あなたも大変ねえ、ご両親が別れて」と言われて「えっ、うちの親リコンしてたんだ!」とビックリ。十代の娘にとって親の離婚は人生の一大事で、大ショックな出来事です。
でも“夫婦円満なセレブ妻”でいたかった母は、子どもにすら真実を告げなかった。

 セレブ婚が破たんしても、偽物のヴィトンやシャネルを購入して着飾っていた母。そんなブランド好きで見栄っぱりでミーハーな母を、私はどうしても好きになれなかった。
その頃、母はよく「ファッションデザイナーになりたい」「レストランを経営したい」と夢を語っていました。母には専門スキルなど皆無だったし、なにより服作りや料理に興味はなかった。

 結局、母の基準はすべて「他人に憧れられること」。他者評価しかモノサシを持たず、「自分はこれが好き」「自分はこれが幸せ」と言えるものがない彼女は不幸だったと思う。