非性欲男子にも効果的? カフェでのエロしぐさ

 前回の「毎日過ごすオフィスで実践!夏ならではのエロしぐさ」も合わせてどうぞ。

 エラソーに「エロしぐさ」とか言って連載してますが、現実のわたしの恋愛は上手くいっていません。
と言うか、ごめんなさい自慢でもなんでもなく、週1でナンパにあいますが、だからと言って本命の彼と順調に愛を育む♡、なあんてきらめきは発生していません。

『AM』の8月の特集にコラムを2本も寄稿させていただきましたが、そちらを見ていただいた方や、昔からわたしを知っている方は周知かと思いますが、わたしがお付き合いした人はひとりだけで、ヤ、それだってなにげに「付き合う」の範中だったのかもアヤシイもの。

 ですから、この連載で紹介している「エロしぐさ」を実践したとしても、即物的なセックスにはつながる可能性はあれど、一夫一婦制的な安定的な恋愛/信頼関係を築く一歩になる保証はありません。

 以上を踏まえて、一ヶ月ぶりの連載更新です!

女子の聖地と化したカフェ
文化系の定番スポットでのエロしぐさを考える

鈴木みのり エロしぐさ
Andalib


 シチュエーションごとのエロしぐさを考案する本連載、8月の忙しさにかまけて編集部にわがままを聞いてもらって休みをいただいていました。

 連載4回で、もうネタがない! とか騒いでたんですが、続けていくなかで書く習慣をつけて体力をつけて筋肉をつけて、という当たり前のことを休んでたので当然です。

 前回「ローマは一日にしてならず」なあんてことわざを引いてまで、エロスを獲得するには日々の努力の積み重ねが大事というお題目ぶち上げておいて、このていたらく。

 うわーん! と編集部に泣きついたところ、カフェなんてどうでしょう? という提案をいただきまして、そうか、『AM』読者層の中心たる文化系女子はカフェ好き多し、なんてもう世間一般に定着しているに等しい道理、とあっさりひざを打つ。

 ということで、今回は、みんな大好きなカフェでのエロしぐさを考えてみようと思います。