7割の女は男らしい?働く女の「オス化」現象に迫る!

働く女性の「オス化」現象の実態とは

メイン2
by mattcameasarat

 女子のオス化は本当におきているのでしょうか?
ドラマ『ラストシンデレラ』は、主人公を演じる美しい篠原涼子にヒゲが生えたことで(または、三浦春馬のかわいさで)話題になりました。その際、女性の「オス化」という現象も多く取り上げられましたが、言葉だけが先行しているのでは、と疑問に思っています。

 そんな中、働く男女160名を対象に「オス化女子」に関するアンケートが行われました。
(株式会社ウエディングパーク運営「ガールズスタイル LABO」インターネット調査2013)



働く女子は「女」でいることが面倒くさい!
◆設問1:女性らしくいることを面倒だと思ったことありますか?

メイン2
株式会社ウエディングパーク運営「ガールズスタイル LABO」
インターネット調査2013

 働く女性の半数以上が『女であることを「面倒!」と思った事がある』と回答。
主に「化粧・服装などの身だしなみ」、「周りへの気遣いや振る舞い」などで面倒と感じているそう。

 理由を読んでいると、周りから求められる存在としての「女性像」に縛られているために、面倒くささを感じているように思いました。
自分が主体となり、自分を自分らしく見せるものとしての「女性らしさ」について考えてみてもいいかもですね。


<理由>
・日々の化粧や身だしなみなど、外見を整えることがマナーになっているところ。(26歳女性)
無駄毛の処理が面倒。男なら、処理しなくて済むのに・・・(27歳女性)
・女性は「いつもキレイにしてなくてはいけない」とか言われること(24歳女性)
・男性は大概の人が、堂々とオナラをしても大丈夫な雰囲気なのに、女性は、それがヨシとされない風潮があるのは、正直面倒臭い!(32歳女性)
・居酒屋とかで、おじさんみたいに呑んだくれたいのに、周りの目が気になる。(37歳女性)