AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

彼氏にするなら、西洋人?東洋人?

「人と人との距離」、「家族の距離」というのは結婚する相手の国によって変わる!インドネシア→フィリピン→ラオス→ベトナム→タイと、東南アジアを放浪し感じた「距離感」を、『世界婚活』著者・中村綾花が語る!

彼氏にするなら、西洋人?東洋人?


世界婚活 中村綾花 フランス 旅行 接客 ローマ
by anurag agnihotri

 まだまだ東南アジアを放浪中です。インドネシア→フィリピン→ラオス→ベトナムに続き、現在タイのバンコクです。
ホテルの裏に、えらくにぎわう繁華街があるなと思ったら、ネオンにきらめくミニスカートのお姉さんと、それに群がるアジアのオヤジ・ビジネスマンがあるまるGOGOバー集落だったのでした。
オヤジたちは、見事に鼻の下を延ばしてネオンに吸い込まれて楽しそうだったなぁ。

 さて、先日のベトナムでは珍しく三ツ星ホテルなんかに滞在したのですが、トイレのサンダルが日本でも今時見ないビニールサンダル。
バスタオルを見たら掃除に使ったのか黒く汚れていたのでびっくりしました。
洗面台やシャワーもサビサビで髪の毛まで落ちていたり…。

 これまでカプセルホテルなんかの安宿に泊まったけれど、こんなに汚いホテル、そしてタオルを見たことありません。しかも星が三つもついているというのに…トホホ。
これは取り替えてもらおうとドンヨリした気持ちで受付までもってクレームを言いに行きました。
すると、20代前半の若いお姉ちゃん職員がそのタオルを見るやいなや、奪い取るように隠し「ネバー・マインド(気にしないで)」と小さな声でささやくのです。

 こういう日本ではあり得ない無茶苦茶なことは、東南アジアだろうがヨーロッパだろうが、普通です。
日本はやはり、世界最高水準のサービスを提供している特別な国なんですね。
外国人に「日本のマクドナルドではスマイルはゼロ円ってメニューに書いてある」といったら嘘だと思われるんですから、ホント。