噂の不倫推奨SNS社長に突撃!不倫王の生声キャッチ

 話題の不倫推奨SNS『アシュレイ・マディソン』社長こと“世界の不倫王” ノエル・バイダーマンさんに、「不倫のススメ」についてうかがいました!
不倫賛成派、否定派どちらのあなたもぜひ読んでみてください。

女性も遊び場が欲しい!
それを満たすところからはじめたサービス

アシュレイ・マディソン インタビュー 世界の不倫王
頼む前にポーズしてくれました!

―なぜ不倫推奨で既婚者をターゲットとしたサイトを立ち上げようと思ったのでしょうか?

ノエルさん(以下敬称略):大昔から、国文化問わず男性の遊べる場はたくさん提供されてきているのに対し、女性の遊び場というのはあまりないということに気づいたことが、元々のアイディアの発端です。
最近では女性も収入が増え、社会進出も進むにつれて、「私だって遊びたい」という風に行動や思考も男性化してくるんですよね。
女性だって心や生活に穴が開いていたら、満たしたいという思いがあるわけですから、そこを満たすサービスを提供するのはありなんじゃないかなと思ったんです。

─ただ、不倫はそもそもいけないことだと思うのですが、それでもなぜ不倫を推奨するのですか?

ノエル:浮気、不倫はそもそもいけないものだということは原則としてありますが、我々はあくまでもビジネスとしてシステムによって、機会を与えているだけであって、「選択するのはあなた自身ですよ」と説明しています。
日本でもアメリカでもドイツでも国を問わず、不倫や浮気は不道徳なことだと言われているけど、本当はみんなやりますよね?という暗黙の了解もある。
そういう事実を、ビジネスチャンスとして捉えました。

―女性も心の穴などを埋めたいはずだというお話なのですが、仮に女性が浮気や不倫した場合、どんなことを得られると思いますか?

ノエル:このサイトを運営して10年ほど経つんですけど、女性たちがサイトを使い始めるきっかけは、
「私は家族を愛しているし、経済的にも文句はない」→「でも夫と情熱的な関係だけがなくセックスレス」→「かと言って家庭を壊す気にはなれない」→「外に愛人を求める」という感じ。

 そして、実際使ってみての反応は一環していて、外にセックスや愛情を求めることで、夫とも再び欲望の対象となり、女性として扱われ、「キレイだね」と言ってもらえたりする。
そうして、自分のモヤモヤを満たしたら、逆に人生が好転していったと。
夫や子どもに対するイライラも減ったし、仕事にも集中できるようになったと、皆さんおっしゃいます。