エグいと男性は引く?女性が言ってもOKな「下ネタ」4選

男性は「女性のエグい下ネタ」が嫌いらしいです。エッチな展開を期待させる「ちょうどいい下ネタ」を放り込んで、狙った男性を落とすテクニックをご紹介します!

男性に引かれずかつムードを作れるちょうどいい下ネタをいう女性のイラスト

「男性は下ネタを言う女性が好きじゃない」

 そんなことをよく聞きますが、女性だって「どうしても下ネタを言いたい!!」ってときがありますよね。本当に面白い鉄板ネタを持っているときはやっぱり言いたいし、そもそも下ネタを話したほうが仲良くなれると思うんです!

 とはいえ、難しいのはその下ネタ加減。あまりにエグいのはドン引きされると分かっているけど、じゃあ何なら言ってもいいんだ……とお困りのはず。

 そこで今回は男性が引かないギリギリで、なおかつ性的な目で見てもらえる下ネタをご紹介します!

(1)「今日、ノーパンなんだ」

 のっけから痴女テクで恐縮なんですけど、これを言うとマジで女性として意識されます。最初はギョッとされますが、次第に「それを明かすってことは、もしかして今夜……」と今後の展開をイメージさせられるんです。

 実際にこのセリフを活用している女子大生は、毎回ベッドインできているそうですよ! ただ、かなりのキラーワードなので、大勢の前で言うのは危険です。聞いた側も意図が分かりません。デートのときか、飲み会ならターゲットにだけ囁くのが吉でしょう。

(2)「枕を交わしたときに~」

 男性が女性の下ネタを嫌がる理由として「リアルすぎるから」があります。
あまりに具体的な単語を出されるとナマナマしいし、なんとなく男性の劣等感を煽るっぽいんですよね。

 だからもう「セックス」は禁止! 今後は古風な言い方にしてください。「枕を交わす」とか「肌を重ねる」とか「契りを結ぶ」とか、そういう感じのやつです。

「上司と福岡出張に行ったんですけど、そこでつい、情を交わしてしまって……」ハイ、詩的〜! ただの不倫セックスが一気に純文学になりました。どうしても自分の性豪自慢がしたくなったときにご活用ください。