サシ飲みで男性にお持ち帰りされる・するテク5選

マッチングサービスや合コンで出会いを探し、サシ飲みや食事に繋がっても、なかなか男性が手を出してくれない……とお悩みのみなさん。自然にさりげなく、ホテルや自宅にお持ち帰りする・される方法やテクニックを知っておきましょう!

サシ飲みで男性にお持ち帰りされようとバーカウンターでもたれかかっている女性の後ろ姿の画像 by ぱくたそ

 マッチングアプリや婚活パーティ、街コンなど異性との出会いの場が増えている昨今。真剣に「結婚したい!」「彼氏が欲しい!」と思う人が多い中、一方で「セフレが欲しい!」という女性もいるのではないでしょうか?「今夜お持ち帰りされたい!けど自分から言うのは恥ずかしい…」そんな素直になれない女性のために、サシ飲みで男性から手っ取り早くお持ち帰りされる・するテクを紹介します。

1.事前に相手の住まいを確認

 まずは、事前に相手の男性が1人暮らしなのか、そうでないのか(実家住まい・ルームシェア・寮住まい等)を確認しておきましょう。もしあなたが1人暮らしで相手がそうでないと、あなたの家に連れ込むことになりますよね。そういった場合は、あなたの家から電車で5分・徒歩で30分くらいの場所で飲むことをオススメします。近すぎず遠すぎずな場所で飲むことで「あれ、今日やれるのかな?でもやれない可能性もあるな」というもどかしさを味わえます。そして酔っ払ったふりして「歩いて帰る〜!」と言うと、相手の男性は心配して送ってくれるので、何も言わずに連れ込むことが可能です。ちなみに相手が1人暮らしなどの場合は、相手と相談して場所を決めていいと思います。

2.マニキュアをしていく

 マニキュアをしていってください。色や形は何でも良いです。理由は「相手が自分に触れる口実を作ってあげる」こと。相手がヤリチンだと向こうから触ってきますが、奥手ボーイの可能性もあるのでこちらから触れる口実を1つでも多く仕掛けてみましょう。飲みが進んだタイミングで「ネイル見て〜かわいいでしょ〜」とアピールすると、相手も「ほんとだ」と言って手を触ってくることがありますので、ここで距離がグッと縮まります。まだ酒が進んでいない段階ではきついですが、酔ってくると効果絶大です。

飲み会のモテテクをもっと知りたい!