• love
  • 2017.09.26

初代バチェラー久保さんが○○さんを選ばなかった理由って?出版記念イベントレポ

Amazonプライムビデオ放送の『バチェラー・ジャパン』で、初代バチェラーを務めた久保裕丈さん。その恋愛テクニックが詰まった『その恋はビジネス的にアウト』が出版されることを記念し、トークショー&恋愛質問回が開かれました!

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーの様子

 バチェラーと呼ばれる1人の独身セレブ男性が、25人の女性の中から運命の相手を選ぶ恋愛サバイバルバラエティ『バチェラー・ジャパン』で、初代バチェラーを務めたハイスペックイケメンの久保裕丈さん。放送中からリアル王子様ぶりが話題になっていましたが、そのノウハウが詰まった恋愛指南書『その恋はビジネス的にアウト』(小学館)が出版され、「発売記念トークショー&恋愛質問会」が開催されることに。
ナニ!? アノ久保さんが恋の悩みに答えてくれるって? それは行かなきゃ! というわけで、早速会場へ足を運びました。

『バチェラー・ジャパン』裏話も満載のトークタイム

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーの様子

 7月28日、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政さんをMCに迎え、渋谷「HMV&BOOKS TOKYO」で開催された久保裕丈さんのトークイベント。開始前から会場内には多くの観客が集まっていて、いざ登場した久保さんは「身内で固めるしかないと思ってたのに!(笑)」と、嬉しそうな様子でトークをスタートしました。

『バチェラー・ジャパン』の大ファンという屋敷さんは、男目線で久保さんの心中を察しながら見ていたらしく、「あの状況から選ぶとか、全員とデートするとか、男として一番しんどいやつだなぁと」感じていたそう。しかし久保さんは「朝から晩までデートで体力的なしんどさはありましたけど、女性といるときは楽しいですから、ダルさは感じませんでしたよ」と、紳士な回答。さすが初代バチェラーです。

「100点の人はいない!求めるものに優先順位を」
久保さん流恋愛アドバイス

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーの様子

 そのあとは、お待ちかねの「恋愛質問会」!
『バチェラー・ジャパン』での振る舞いから、男性に「どうしたらあんなにうまく女性と話せるの?」と聞かれることが多かったのだとか。そこで、ビジネスで培ってきた“人との会話でベースになっている知識やノウハウ”の8つのメソッドを恋愛に当てはめて、指南書となる『その恋はビジネス的にアウト』を出版したのだそうです。
今回は、そんな8つのメソッドを駆使して、会場の参加者の恋愛相談に答えてくれます。

 まずは、“「こいつはやめておけ」という異性の見極め方”について。
女性に対しては、まず「付き合う相手に求めるものが何なのかを、自分の中で整理することが大事」とアドバイス。将来の安定かビジュアルかなど、自分の価値観を棚卸して、明確にしたうえで優先順位をつければ、おかしな異性に時間を使うこともないそう。
「100点満点の人なんてまずいないので、妥協ラインを決めつつ、どこを下回ったら絶対許せないかということを、きちんと整理したほうがいいと思います」と、久保さんは言います。

 男性には、「裏で彼のことを『歩くATM』って呼んでいる子とか、いますからね(笑)」と、表裏のある女性に注意喚起。
付き合う前の見極め方法として、会社の採用でも用いるという“レファレンス”を紹介してくれました。
「日本語では“参考値をとる”って意味なのですが、前の前の職場くらいまで遡って、その人がどんな人だったのかを聞くんですよ。でも、元カレとか、元々カレには絶対聞かないほうがいいですよ(笑)。友人とか、周りからレファレンスを取るのは大事だと思います

 次は、1週間前に彼と別れてしまったという女性から、「吹っ切る方法を教えてください」というもの。
久保さんからは、「1週間ほどであればモヤモヤしているのは当然だと思うんです。だから今はムリに吹っ切ろうとせず、好きだった気持ちや思い出を大事にしてあげればいいと思います」と優しいお言葉。
ただ、半年ほど経っても吹っ切れないときは、「その場合は元カレがドストライクだったりして、なかなか次のタイプの男性に出会いにくい状況だと思うので、出会いの頻度を高めるとか、友だちに自分の理想を伝えるとかして、出会いの場を上手に作って、上塗りしていくしかないと思います」とのことでした。

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーの様子

 回答が終わるたび、『バチェラー・ジャパン』の“ローズセレモニー”さながらに、久保さんから質問者へ1輪のバラが贈られます。
「バラを受け取っていただけますか?」という名ゼリフも添えられ、あちらこちらから黄色い悲鳴が上がりました。

男性の質問者はまさかの連続!

 次は男性からの質問。「ではそちらのかた」と指名され、立ちあがった男性を見た瞬間、会場中がザワザワ……。
屋敷さんに名前と職業を聞かれ、「清水です。“勃ち”仕事をしています」と答えた男性は、なんとAV男優のしみけんさん!
会場を沸かせたしみけんさんの質問は、「マンネリ化したカップルで、彼女をキュンとさせるような言葉を教えてほしい」というものでした。
久保さんは「マンネリ化しているということは、普段の会話もかける言葉もマンネリ化していると思うんです。『好きだよ』も棒読みになっていたり。だから、一工夫、ひと手間かけるのがいいと思います」と回答します。
同じ言葉をかけるのでもシチュエーションを変えたり、普段なら絶対に言わないようなことを言葉にしてみたりすると、新鮮さが増して彼女をキュンとさせられるとのことでした。
また、鍛えたり、オシャレをしたりして、彼女が惚れ直すようなイメージチェンジもおすすめとのこと。「髪色を金髪から黒に変えるだけでもいいんですよ。とにかく、ギャップのある方法がいいんじゃないでしょうか

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーに登場したAV男優しみけん

 もちろん、しみけんさんにも名ゼリフとともにバラの花が贈られました!


 最後の質問は、小さな男の子から。どんな恋の疑問だろう、と会場が見守る中、「なんで“もりもり”(※バチェラー出演者の女性)フっちゃったんですか?」と、誰もが聞くに聞けなかった爆弾質問! これには「無邪気って怖い!(笑)」と久保さんも苦笑いでしたが、真剣に答えてくれました。

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』出版記念トークショーの様子

 結婚を前提にしていることで、家族関係の大事さにも気づかされたという久保さん。もりもりこと森田さんのご家族はとてもステキで、一緒になれたらとの気持ちも芽生えたそうですが、「ひとりの女性として考えたときに、蒼川さんに対する気持ちのほうがちょっと大きかったんです」と、久保さんは当時を振り返ります。

「夜、ひとりホテルのベランダで月を眺めていて。『月がきれいだね』って言葉をどちらに伝えたいかなって思ったとき、ふと浮かんできたのが蒼川さんだったんですよね」

 減点法や加点法ではなく、インスピレーションを大切にした結果だったそうです。

「いい話!」としながらも、「月見て浮かんだとか、全然ビジネス的じゃない(笑)。この本と真逆のこと言ってますけど!」と屋敷さんに突っ込まれ、「説得力ないなぁ、最後の最後で(笑)」と自嘲気味な笑いを浮かべた久保さんですが、「そこまではいろいろ判断していたかもしれないですから!」と、息の合うコント(?)で会場の笑いを誘い、イベントは終了しました。

『その恋はビジネス的にアウト』発売中!

『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー久保裕丈『その恋はビジネス的にアウト』表紙
『その恋はビジネス的にアウト』(950円+税)
久保裕丈/小学館

 久保裕丈さんの初の著者、バチェラーやビジネス体験から蓄積された恋愛メソッドが詰め込まれている『その恋はビジネス的にアウト』(950円+税)は小学館より好評発売中です!


Text/千葉こころ