美貌はどれだけ武器になる?元グラドルが本音で語る「愛されるために必要なこと」

「美貌」、それは女性にとって何よりのステータス。しかし、ときに牙を剥き、自らを傷つける凶器にもなりえる…美女3名を招いてのインタビュー後編は、業界ならではのビックリ体験談や、実体験を踏まえた「愛されるために必要なこと」を本音で語ってもらいました。

グラビアアイドル 高良空桜 田中希 めあり 井上あみな
左からのぞみさん(26歳)、めありさん(28歳)、あみなさん(27歳)

 元グラビアアイドルののぞみさん(26歳)、めありさん(28歳)、現役お笑い芸人のあみなさん(27歳)の美女3人を集めて行った、恋愛座談会の後編をお送りします。前編は、美女ならではの恋愛トラブルやモテ論に花が咲きました。後編では芸能界の枕営業の実態や、愛されるためのたゆまぬ努力など本音トークを展開。こじらせ女子、必見です!!

枕営業もひとつの手段!グラドル・芸人の経済事情

グラビアアイドル 高良空桜 田中希 めあり 井上あみな
左からのぞみさん(26歳)、めありさん(28歳)、あみなさん(27歳)

――グラドルや芸人さんのお給料事情は気になるところですが、正直儲かるんですか?

のぞみ:私がグラドルだったときは年間契約でいくらって決まっている案件もあって、スケジュールは取られるのにお金は入らなくて貧乏でした。ご飯は男性におごってもらって、化粧品や洋服は女友達にもらってしのいでました。

めあり:グラドルって基本的に儲からないんですよね。業界自体にお金がないから。DVDを発売しても報酬は月給の半分にも満たないぐらいでした。1人激熱ファンの方がいて、DVDをまとめて50本ぐらい購入してくれたり、ほしいものをブログで書いたら、イベントでファンの人がプレゼントしてくれたり、かなり助かってます。今でも毎月10万ぐらいの贈り物をいただいてますね。

あみな:芸人だとライブはお金にならないですね。交通費分ぐらいしかもらえない。テレビが一番儲かると思うんですけど、私は事務所と印税率の話をしてなかったので、地上波のバラエティー番組に出たときのギャラが、2本で2万だったんですよ!

「ありえない!」と思ってSNSのタイムラインに書いたら、それが事務所の人にバレちゃってSNSをブロックされて(笑)。今はその事務所と契約を解除して、フリーでお笑いコンビ「えるむぱる」として活動してます。

――よく聞く「枕営業」って、どうなんでしょう…。

のぞみ:めずらしくないんじゃないですかね? 私は「タイプなんだよね。愛人にならない?」って誘われたぐらい

あみな:とある番組のプロデューサーで、出演してるタレントの女の子全員とエッチしてた人がいました。私はその人からチンコの写メが送られてきた(笑)。だいぶイッちゃってる感じの人でしたね。

めあり:「やったらどれぐらい仕事もらえるの?」って自分からプロデューサーにたてついて、枕で売れた子はいますね。でも単発の仕事もらえるぐらいじゃ、得にならないと思う。

私は、都内の本棚が開くと個室になってるお店で、プロデューサーにいきなり下半身を露出されて「おぉ」ってなった(笑)。あとは、ちょっと下ネタが混じるような番組のオーディションで、「めありちゃんはエッチ好き? たとえば僕の上に乗ったりできる?」って聞かれて、そのお仕事は断りました。