「ここまではOK、でもここから先はダメ」という線引きを決める

でも、ここで私は「飛びつく前にちょっと落ち着いて。右を見て左を見てよく確認して」などという説教くさいことはいちいちいわない。そんな説教を聞く余裕がある人間は、春のようなものを、ぱっと明るい何か素晴らしいものを、切実に待ったりなどしない。

ではどうするかというと、私の場合は、一応まだ何にも飛びついていない(と思う)今の段階で、「ここまではOK、でもここから先はダメ」という線引きを決めることにした。たとえば、いくら占いを信じてもスピ系グッズを買ってもいいが、予算は年間5万円まで、5万円を1円でも超えたらアウト。いくら陰謀論とUMAと古代文明にウットリしてもいいが、他人に吹聴しだしたらアウト。そして、反ワクチンとか膣にパワーストーンを入れるとか、体に深刻な被害が出そうなものは何がなんでも問答無用でアウト。不思議なものにちょっと救いを求めるくらいいいでしょと思っているが、「金」「人間関係」「健康」を失ったらおしまいだ。

『待つ』を読むと、こんなふうに不安なのは私だけじゃないんだな……と思う。不安というか、切望しているというか。でも、何を切望しているのかは自分でもよくわからない。たった3〜4ページだけどめちゃめちゃすごい小説なので、これを繰り返し読みながら、私は春を待つことにしようかな。

Text/チェコ好き(和田真里奈)

初の書籍化!

チェコ好き(和田 真里奈) さんの連載が書籍化されました!
『寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか -女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド-』は、書き下ろしも収録されて読み応えたっぷり。なんだかちょっともやっとする…そんなときのヒントがきっとあるはすです。

前後の連載記事