• special
  • 2012.08.09

失業率が高く、出生率が高く、離婚率も高く、所得が低く、男がマッチョ- 島と恋と結婚観(前編)

沖縄 海 画像

 人生初、沖縄に行って取材をしてきました。以前から沖縄の文化と離婚率、そして家族観について興味があったので、取材を兼ねての旅行です。しっかり、遊んできましたとも!

 沖縄出身で東京に暮らす友人たち、それに親戚(ええ、親戚にも沖縄県民がいます)、さらに元付き合ってた人(! 沖縄づいてる自分にびっくりです)に共通するものがあるなと思っていました。それは「家族観」と「他人との関係性の構築法」。よくよく話を聞いていると地元にものすごく愛着というよりそれ以上の「固着」みたいな感覚を持っていて、共通して口にするのが「沖縄人」という観念。自分は埼玉出身なのですが「埼玉人」という埼玉県民と接したことがないため、結構びっくりした覚えがあります。そして彼らの多くが「いずれは地元に帰るだろう」とざっくりした未来像を持っている……。

 その姿を見ていて、フランスのコルシカをいつも思い浮かべていました。今回は沖縄とコルシカの男性の比較をすることで、結婚恋愛を支えるもの、その自分なりの分析を前後編に分けて書きたいと思います。

共通点がいっぱい―沖縄とコルシカ

コルシカ 地図 画像
©imagesCAOSRM3L
コルシカ 風景 画像
©ac100306001
沖縄 画像

 沖縄とコルシカの共通ポイントは驚くほどたくさんあります。

 離島、食事がおいしい、独自の言語、風景が素敵、観光地として有名などなどの要素の一方で、本土平均比(本土と呼ぶのもどうかと思いますが)で失業率が高く、出生率が高く、離婚率も高く、所得が低く、男がマッチョ(マチズモという意味※マチズモ:スペイン語でマッチョという意味)。


 長所での共通点が好きで沖縄やコルシカに移住する人が多いようですが、転出する人の多くが、後半の短所を理由にあげます。僕は短所のすべてが、最後の「マッチョ」に集約されているような気がしてなりません。

沖縄人男性の“ハーラーリー”=「しまりがない」!?

沖縄 画像

 那覇について直後、沖縄の女性史資料を得るため、女性センターを訪れました。離婚率の高さと出生率の高さの現地での調査結果の詳細を調べるためです。が、そこで思わぬ収穫がありました。

 資料を閲覧のありかを知るため、職員の方に声をかけると非常に丁寧に対応していただいたので、つい現地の方の声をききたくて質問してしまいました。資料を探してもらった上に生の声を聞き出そうとは、図々しいにもほどがあります、我ながら。

―離婚率がとびぬけて高いと聞きますけど、なんでなんですかねぇ?
「失業率の高さと所得の低さが原因……って内閣府の調査では言ってますけど……」
―ですけど? 奥歯にものの詰まった言い方をされたので、自分のS根性がうずきました。え?でも? なんかあるんですね? 言っちまいな!(あ、最後の一言は心の声です)
「私の実感としては、なんていうんですかねぇ、言いにくいですけどいい加減さというか、あんまり考えてないというか……」
―いい加減? 具体的には? 吐いておしまい!(しつこいようですが、最後の一言は心の声です)
「なんとかなってしまうんですよ、所得が低くても自立心がなくても。家族が近くに住んでいて、地元の人とずっと一緒に同じところに住んでいるから。相互扶助の社会なので、離婚してもなんとかなる」。

 おお、そりゃいい社会だ……と納得していたら、そこにツツツと入ってきたおばあさんがひとりで資料を読んでいました。80代くらい、いやもしかしたら90代かもしれない雰囲気。でも、はつらつとしています。これはいいチャンス! 自分もツツツと彼女に近づき、あの、沖縄の男の人って実際どうなんすか? と声をかけたら、話す話す、そのおばあちゃん。ところどころ沖縄の言葉で聞き取るのが結構大変で、何度も聞き直してしまいごめんなさい。

 「沖縄男ってね“ハーラーリー”って言ってね、いい加減なの。特に女性に。どれだけ苦労したことか。お金持ってれば外に女性を作ることはあるだろうけど、お金持ってなくてもそれが当然なのよ。あんたなんか、女の人大事にしそうだけど、東京あたりの人だとわかんないかもしれないけど、沖縄の男の恋人とか結婚するとかっていう感覚は、多分本土とかなり違うのよ。だからね、女はしっかりしてないと生きていけないし、しっかりしてない女は沖縄の人間とはうまくいかない」

 おばあちゃんの過去に何があったのか、そのほうが気になったのですが、調べるとどうやら、“ハーラーリー”は「しまりがない」という意味だそうです。その「しまりのなさ」は琉球王国時代にまでさかのぼり、“ジュリ(=遊郭)”に外国人が訪れないようにするため、しめしがつくようにまず官僚たちに「ジュリ通い禁止」を徹底させようとしたものの、3日と続かなかったそうです。

 男なんだからいいじゃないか。
こういう性的欲求に関する、男のみに偏った“ゆるさ”の根底はマチズモです。強烈なマチズモです。
男は強く、女は弱い存在。

 その証拠に資料室で読んだ職業観に関する調査報告書をまとめると、那覇の男性たちの意見はこんな感じ。 「妻には働いてもらいたい。ただ、自分が十分に一家を養える給料をもらえるのであれば、家にいてほしい」

 ええと、それはご都合主義というもので…。

 本土のフランス人がコルシカ人を揶揄するときにも同じような描かれ方をします。
「見栄っ張りで、暴力的で、妻に対してマッチョ」。

フランスの放送局TF1でマッチョ特集をしていたときにコルシカのカップルが取り上げられていた映像がこれ。

je suis macho et alors ! - Couple Corse - confessions intimes TF1 from emermont on Vimeo.

アップした人がつけたのか、タイトルが笑えます。
「自分、マッチョですが何か?」
 こういうの見ると、イラッとしますねw
(ぶっちゃけますと、自分の親戚の沖縄人男性もDV男です。ただ今、離婚闘争中です(あ、言っちゃった。まあいいか、DV男だし。笑いごとでは、ちっともないけれど)

 で、こんなマッチョな男性のご都合主義が生まれる土壌に「家族」が大きく関わっていると思ったのですが、その理由は後編で……。

Text/Keiichi Koyama

関連キーワード

この連載の過去の記事

special
2012.10.17

今月の特集

AMのこぼれ話