• love
  • 2012.04.10

美食×自然の旅『ラ・コリーヌ・ドゥ・コロンビエ』

colombier_14

パリから車で4時間の場所にある、南ブルゴーニュの村イゲランド。
ミシュラン3ツ星レストランである『メゾン・トロワグロ』の3代目オーナーシェフ・ミッシェル・トロワグロ氏と妻のマリー=ピエール氏は、この村で一軒の古い農家にひとめぼれしてしまいました。
ふたりは、見晴らしのいい丘に建てられたその農家を改装し、『ラ・コリーヌ・ドゥ・コロンビエ』というオーベルジュをオープンさせたのです。

colombier_16

 建築家パトリック・ブシャンとコラボしたジット(宿)は古い農家のゆったりとした趣を残しつつも、洗練されたモダンな仕上がり。
 そして、カップルでのステイで何よりおすすめなのが、地表から浮いたように建てられたコテージ“レ・カドル”。
パトリック・ブシャンは、子供が遊びで作る“カバーヌ”(小屋)のようなものを作りたかったそう。
草原に浮いたこのカドルの中に入れば、まるで幼い頃に戻ったような気持ちになれることでしょう。
丸い天井は、なんと「トトロの森」からインスピレーションを得ているのだとか。


le grand couvert02

colombier_25
Iguerande recette (5)

 オープンキッチンが開放的なレストラン『ル・グラン・クヴェール』は、家畜小屋を改装しています。
レストランの目の前に広がる、イゲランドらしい美しい田舎の風景は、彼とあなたを心からほっとさせてくれるはず。
近くで飼育されているブランド牛である、シャロレ牛をはじめとした、地元の野菜や魚をふんだんに使用した郷土料理を思う存分堪能してください。
お値段は、プリフィックスメニューでなんと35ユーロ。そのリーズナブルな価格から、地元の方もたくさん訪れているそうです。
 また、朝食は自分たちで作ります。生みたての卵に、焼きたてのブリオッシュ。
さらに新鮮なフルーツやバターがめいっぱい毎朝届けられます。部屋にあるミニキッチンで料理をして好きな時間に食べることができるのです。

recette Iguerande(20)

colombier_23

 もし、彼とフランスの田舎でふたりきりで住むことになったら……ここは、そんな空想を一時叶えてくれる、夢のような場所。
「絵に描いたような田舎の風景」とよばれる美しい眺望の中で、ふたりの人生の方向性を一度じっくり考えてみるのはいかが?
トロワグロ夫妻のように、ふたりで何か新しいことを始めるのもいいかもしれませんよ。

colombier_1

名称:ラ・コリーヌ・ドゥ・コロンビエ
住所:71340 Iguerande
電話番号:+33(0)3 85 84 07 24
URL:http://www.troisgros.fr/japonais/index.php
日本でのお問い合わせ先:
パーパス・ジャパン 03-5775-1919
www.purposejapan.com

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話