• special
  • 2017.02.17

今の彼、本当に好き?オンナが浮気するワケ/『恋のツキ』新田章先生インタビュー

長年付き合った恋人の「安心さ」と新たに現れたすごくタイプの人からの「ときめき」の間で揺れているうちに始まる「浮気」--そんなリアルな恋愛を描いた漫画『恋のツキ』の作者の新田章さんに、制作秘話から、浮気をしてしまう女の気持ちまでをうかがいました。新田さんが考える、女性と浮気との距離感とは?

新田章 恋のツキ オンナの浮気
『恋のツキ』(新田章/講談社)

 長年付き合った恋人には、ときめかなくなったけど安心はする。これでいいと思ってたはずなのに、すごくタイプの人が現れたら?
ときめきと安心、すぐにどちらか選べるでしょうか。
選べなくて、いつの間にか「浮気」なんて状態になる可能性、ないでしょうか。

 そんなリアルな「オンナの浮気」が描かれた『恋のツキ』

 作者である新田章さんに、制作秘話から、浮気をしてしまう女の気持ちをうかがいました。

『恋のツキ』あらすじ
平ワコ31歳。3年同棲している彼氏・ふうくんとは、マンネリ気味。そんなとき、バイト先の映画館で超タイプな男子高校生、伊古くんに出あってしまい…!?

『恋のツキ』を試し読み

恋人が、別の人にときめいてる

新田章 恋のツキ オンナの浮気

―『恋のツキ』が描かれることとなった経緯を教えてください。

新田先生(以下N)『あそびあい』が終わって、次作をどうしようかと話し合ったときに、“大人の恋愛もの”にチャレンジしてみようという話になり、私が30代で、同棲経験が何度かあったので「では、同棲の愚痴を描こう」と『恋のツキ』が決まりました。

『あそびあい』あらすじ
機会があれば誰とでもセックスしちゃう女子高生・小谷と、そんな彼女を独占したい同級生の山下くんとのラブストーリー

―そうなんですね。主人公のワコが浮気をすることは決まってたんですか?

N:そうですね。私が映画が好きなので、主人公は「映画館でもぎりのバイトをしている女の子」という設定はありました。で、相手はそこにくる小学生。
彼氏とは体の関係はあるけど、精神はピュアな小学生に惹かれてしまう、という話にしようかなと思ったんですが…。

―小学生!? 若い!

N:ですよね(笑)。それを担当さんに伝えたら、「新田さん、小学生相手に本当に恋ができますか?」と言われて、「あ、無理です」と(笑)。それで、高校1年生になりました。

―なるほど。ワコの同棲相手である「ふうくん」がすごくリアルですよね。

N:一応、モデルとなる男性はいて。
でも、あまりダメな人だと、「浮気されて当然じゃん」と言われてしまうので加減してますね(笑)。

―ワコが今の関係に不満を抱いているのに、「俺と結婚するでしょ?」と当然のように言うふうくんにシビれました(笑)。

N:彼は内弁慶で、ワコにだけ強く出れるんじゃないかなと思います。でも、同棲が長くなると、だいたいの男性は安心しだし、女性は不安になりだす傾向にありますよね。

新田章 恋のツキ オンナの浮気

―ワコのモデルはいるんですか?

N:私をある程度反映させています。けど、私よりかなり慎重ですね(笑)。

新田さん担当編集のYさん(以下Y):どのへんがですか?

N:ワコは今のところ、最後の一線は踏みとどまっているので。私は「ヤっちゃえばいいじゃないか、なんでここまできてためらうんだ!」って思いながら描いてます。

Y:確かにいつも言われます(笑)。

―あはは! でも、『恋のツキ』はそういうところがすごく斬新ですよね。女性が浮気される側じゃなく、する側っていうのが。

Y:たしかに、ここ最近になって、ちょこちょこ出てきましたよね。

N:女性が強くなったのかもしれないですね。

―読者からの反響はいかがですか?

N:男性からは「おもしろ怖い」と言われることもあります。
自分の彼女がこんなふうに思ってるんだとか、バレてないだけで浮気していたかもしれないとか。男性がワコに自己投影して読んでいただくことも多いようです。
とりあえず、私は「恋人が自分の知らないところで誰かにときめいてるよ」というのを出せればなぁと思って描いてますね。

Y:女性からの感想を読んでいると、「女性って男性に対してこんなに怒ってるんだな」というのがよくわかります。

『恋のツキ』『あそびあい』って、反発を感じるひともいる作品なのかなと思いますが。

N『あそびあい』のときは「こんな汚らわしい漫画はやめろ!」とお怒りのお手紙をいただくことがあったり、「燃やしました」とおっしゃってた方もいました。でも、買ってくれたってことだし、古本屋に売らずに燃やすなんて、いい人なのかもしれないです!

―やっぱり「浮気は許せない!」って気持ちから、抗議されるんですかね。

N:どうなんでしょう。でも、「浮気をしてメンタルを保ってる人」もいるでしょうし、「浮気をしないことでメンタルを保っている人」もいるでしょうし。
だから、どっちの考えが正しいとかではないのかなと思います。

どこから浮気?

新田章 恋のツキ オンナの浮気

―女性はどんなときに浮気すると思いますか?

N:男性も女性も、浮気する理由に違いはないと思うんです。恋人に不満があるとか、優しくされたいとか、さびしいからとか、やけくそで…とか。あとは、単純に性欲。
一緒にいる人に異性を感じて「ふれたいな」と思う衝動って、女性にあってもおかしくないと思うんですよね。

―2巻の時点で、ワコは最後の一線は越えてないですが、これは「浮気」ですよね?

N:浮気でいいんじゃないでしょうか(笑)。

―先生は、どこからが浮気だと思いますか?

N:あくまで私はですが、手を繋いだら浮気だと思います。だって、手をつないだらキスも相当しやすくなるでしょうし。キスしたら、セックスする可能性はじゅうぶんありますから。

Y:「内緒で連絡を取り合ったらアウト」って人もいますよね。

N:あ、たしかにその時点で浮気かもしれないですね。「恋人に言えないことを異性とした」ってことなので。

―「風俗は浮気か」って議論もよくおこりますよね。

N:ありますね。もし女の人のための風俗があって、自分の恋人や妻が行ったことを知ったら、今までと同じように抱けないと思うんです。だから風俗は浮気でいいと思います。

―じゃあ、手もつながず、キスもしないけど、ずっと他の男性にときめくのは浮気ですか?

N:うーん。たとえばですけど、男性アイドルに夢中な女性っていますよね。それを浮気かといわれると、違うかなと思います。

新田章 恋のツキ オンナの浮気

―女性の浮気は男性に比べ「重罪」ってイメージがあると感じるんです。先生もそう感じることはありますか?

N:若い頃はまったく感じませんでした。けれど、30歳を過ぎた頃に、私の姉が子どもを産みまして。そのとき「あ、女性は妊娠するじゃないか」と改めて思ったんです。
妊娠するのは女性なので、そのことは自覚して行動しないといけませんよね。

―たしかにそうですね。

N:だって、こちらが浮気相手を信用していたとしても、向こうが実際何を考えているかはわからないから。やけっぱちでゴムに穴を開けたりするかもしれない。だから男性より「浮気」に対しては慎重にならないといけないと思います。

Y『あそびあい』の小谷は若い設定だったので色んな男の子とできてましたが、ワコちゃんは31歳だから、そんな気軽にはできないですよね。

なぜ別れずに浮気するのか

新田章 恋のツキ オンナの浮気

―浮気って悪いことだと思いますか?

N:私は思わないです。ただ、自己責任です。浮気が原因で破滅しても、誰かを傷つけても、全部自己責任だって自覚はもつべきだと思います。

―浮気がバレて破滅することもあれば、浮気相手と結婚してハッピーエンドってケースもありますもんね。

N:別れてからじゃなく、並行してるのが悪いんですが、女性は並行する傾向が多い気がします。だから、彼女が別れてくれないときは、違う男を紹介しろなんて話も聞きます(笑)。
女性って出産のリミットがあるから、ひとりになることへの危機感は男性より強いかもしれませんね。

―ワコと同じく「次がなかったらどうしよう」って気持ちですね。

N:遅かれ早かれ、次はあるんでしょうけどね。
ワコは、まだ浮気もしたことないし、自分で選んでこなかったし、自信がないから、「次」が運よく現れるか不安なんですよね。
でも、みんな別れるときはそうなんじゃないかな。

―だからつい、平行しちゃうんですよね…。

N:それに、別れる決定打がないからこそ、他でときめきを補充してしまったり。
あと、めんどくさいって気持ちもあると思います。新しい人に出会って、「どこ出身?」「どんな子どもだった?」なんて聞いて一から関係をつくるのが。

―そしてまた、ときめきを感じなくなり浮気を…。

N:でも、まだ結婚してないなら、機会があったら浮気していいと思いますよ。「彼氏いまいちだなぁ」って思いつつずるずるいくより。
浮気して「セックスが合わなかった」「罪悪感しかない」とかで後悔して彼氏を大事にするかもしれないし、やっぱり彼氏と別れようと思うかもしれないし。

それに、本当に彼が好きだったら、浮気しないですよ、元々。ある程度ダメになってしまっているから、浮気するのかもしれないですね。

まわり始める恋の「ツキ」

新田章 恋のツキ オンナの浮気
新田章先生

―お話を聞いて、3巻の発売すごく楽しみになりました。

N『恋のツキ』は「運の尽き」「ツキがある」にかけたタイトルなんです。3巻以降では、色んな人のツキがまわり始めるかも、です。

Y:ワコだけじゃなく。

―楽しみです!「ツキ」にはそんな意味があったんですね。たしかに、恋愛ってめぐり合わせですもんね。

N:そうなんですよね。たとえば、ひどいふり方をしてしまった相手がいても、その人は自分よりもっといい恋人にめぐりあうかもしれない。逆に、自分がひどいふられ方をするような恋愛をするかもしれないし。

―でも、『恋のツキ』は同棲している人が読んだら、混乱しちゃうかもしれないですね(笑)。この人でいいのかなって。

Y:きれいごとになっちゃうかもしれませんが「長く付き合ってて別れる勇気がない」「同棲しててこのままでいいのかわからない」って方のエールになるような作品になればいいなと思ってます。

N:混乱していいと思います(笑)!だって、今の恋人のことが大好きなら悩まないですよ。

『恋のツキ』を試し読み
童貞の疑問を解決する本. 書籍版
今月の特集

AMのこぼれ話