とことん話し合って嫌われろ!
“都合のいい女”にするのはNG

─どんな風に関係を終わらせるんでしょうか……?

叶井:やはり、連絡を無視するような終わり方だと、相手は傷つくし、怒るよね。
それはイヤじゃないですか。とにかく無視は厳禁です。
それはね、もう高校時代に学びましたよ。
だからオレは、どんなに長文のメールが来ようと、ストーカーっぽいことをされようと、相手が納得するまでその都度キチンと話し合うようにしてます。
ちゃんと対応しないと、後々刺されたり、犯罪に巻き込まれたりしかねないので(笑)。

─確かに、理にかなってますね(笑)。

叶井:あとは何だろ、積極的に嫌われようとするってことでしょうかね。
「こいつ、他にも女がいるんだろうな」って思わせるとか、ときには「うんこ漏らしちゃった」とか言って呆れさせたり(笑)。
もうあの手この手で嫌われようとするよね。
そうすれば、大抵は相手からスッと離れていきます。
まあ、それでもたまにストーカーっぽくなっちゃう人もいるけど。
とにかく、相手を見下したり、“都合のいい女”にしようとしないことだよね。
ひと晩限りの関係なら、「こんなはずじゃなかったのにね」「いつもと違ってごめんね」と言って楽しんで、あとは普通の関係に戻っていく。
それっきりで、何もなかったようにね。

オレ、身近な仕事関係の女性ばかり狙ってたから、後々メンドくさくなるようなことは絶対にしなかったよ。
ヤッたことを忘れてて同じ人を2回口説いちゃったこともあったけど。
「1回ヤッてるっしょ!」とか言われた(笑)。
まあ、そんな調子だと怒られないんだよね。
女性関係でモメて週刊誌に載っちゃうような人は、別れ方がヘタなんだよね。
ダメダメ。最後はビシッと別れないと(笑)。

─言ってることはメチャメチャですが、不思議とズルい感じがしません。
叶井さんがあまり恨まれない理由が、ちょっとわかったような気がします(笑)。

叶井:狭い人間関係の中でいろいろヤッちゃうと、女の人同士が知り合いってパターンも結構あるんだよね。
オレ、仕事の関係で海外の映画祭によく行くんだけど、向こうのホテルに関係者がたくさん集まってるじゃない。
それで、たまに盛り上がって女性と一泊しちゃうなんてこともあったんだけど、ある夜、ロビーで4人が女子会やっててさ。
それ、全員関係してた女の人たちで、「なに盛り上がってるの?」って仲間に入れてもらおうとしたら、「あんたの悪口を言ってるのよ!」って追い返されちゃって(笑)。
「あ、すいません……」って、そそくさと部屋に戻りましたよ。
そんな感じだから、女性同士でモメるってこともないよね。

【つづく】
次回は「喘ぎ声だけアメリカンな女は本命になれる? くらたま夫の境界線」をお送りします。

Text/清田隆之(桃山商事)

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

前後の連載記事