27歳以上の女性は“恋愛をしていない時期”を楽しんではいけない!?(2)

ありえないほど辛い失恋後の気持ちをやわらげる方法をお届けします。これでもう失恋も怖くない!?

 恋愛に関する多くの著作を持ち、悩める女子から圧倒的な支持を得るぐっどうぃる博士に、失恋のガチ対処法をお伺いしました。第1回、 絶望から這い上がれ! 失恋後必ず立ち直る3つの方法も合わせてどうぞ。

失恋後の正しい対処の仕方:第2回

Nurture By rickyqi
©By anthony

 好きな人に振られたときの失恋は、大きな力を持っています。
人を本屋の恋愛コーナーに行かせ、1200円以上もする本を買わせたりします。
いや、それどころか2万円以上もする情報商材を買う女性もいます。
あるいは、ちゃんと仕事をしてくれるかすら分からない“別れさせ屋”を雇ったり、場合によっては、ストーカー事件を引き起こす女性もいます。

 前回は、このエネルギーを、徐々におさめ、元気になるための方法を述べましたが、今回は、この巨大なエネルギーを、本人のために、正しく利用する方法を述べます。

1)復縁の努力はしない

 相手に突然振られた女性は、その凄まじい力で、なんとか彼を取り戻そうと復縁の努力を始めます。
まず、男性に話し合いを求め、それがダメだと、別れたくないとすがりつき、それもダメだと友達としてでもいいからと、なんとかつながっていようとします。
やっと別れにいたっても、ちょっと酔っぱらうと彼に電話をし、車が故障すると彼に助けを求め、彼の住んでいる地方で震度3の地震があれば、「大丈夫?」とメールします。
 人は「手に入った距離」にあるものに興味を持ちません。
女性たちのその行動は彼の「手に入った距離」にその女性を居続けさせ、復縁の可能性を下げるのです。

 ではどうすれば、良いか? 最善策は「沈黙」です。
少なくとも最後に連絡をしてから半年間、彼から見て「生きているか死んでいるかすら分からない状態」になるのです。
彼に「何もしない」をするわけです。
復縁に失恋のエネルギーを使ってはいけません。