3年目の浮気対策にはカップルの「協力」が大事!

以上を踏まえると、3年目に浮気されても「原始時代からの遺伝子なので仕方ない」ってことになっちゃいます。「ぜんぶ雪のせいだ!」ならぬ「ぜんぶ遺伝子のせいだ!」ってやつですよ。が、しかし! 例外もあります。出産後3年といえば、子どもは2歳児(0歳児が1年目、1歳児が2年目)。ヘビー級のイヤイヤ期を起こし、集落の無料保育園に預けられないケースもあったはず。その場合、夫婦は協力して子どもを育て続けることになります。そう、キーワードは「協力」です。

子どもが産まれずとも、男女で協力せねばならないミッションがあれば、3年目の浮気どころではなくなるはず。恋人同士であれば同棲を開始し、生活を切り盛りしていくための協力体制とか。既婚同士であれば、マイホームを購入し、ローン返済のための協力体制とか。とは言え、同棲もマイホーム購入も、お金がかかりますよね。そこで、ご提案! 素人投稿です。

カップルでスケベな画像を撮影し、素人専門の投稿媒体に送る……これは相手が居なければ絶対にできない協力作業です。ひと昔前は、素人専門の投稿雑誌がたくさんありましたが、今は廃刊が続出しているとのこと。一方で、雑誌ではなく、ネット上に素人投稿サイトも生まれつつあります。

ここまで書いて気付きました。少し前に「嫁グラフィー」って流行りましたよね。SNSに妻の写真を投稿する行為のことです。嫁グラフィーの流行は、素人投稿だとハードルが高いってカップルが、ああいった形で協力体制を構築していたのかも! そう考えると嫁グラフィーや、はたまた旦那グラフィーや彼氏グラフィーでも、3年目の浮気は回避できると思った次第です。

前後の連載記事