プライドが邪魔をする?美意識の高いイケメンとのセックスにガッカリ!

 第1訓「女の股も財布も開かせる!『売れない○○男子』のセックステクとは!?」もお楽しみください。

 新しい年が明け2週間ほど経ちましたが、皆様「姫はじめ」はもうお済みでしょうか?
そういえば、「2014年は午年なので、馬主とセックスしたいです!」とTwitterで呟いたところ、「馬とセックスだなんて、さすが菊池さん!」というリプライを何件も頂いたのですが、馬じゃねえよ(笑)、馬主だよ! 馬とセックスって、獣姦じゃねえか(笑)!

 というわけで、馬じゃなくて馬主をご紹介頂けるかたは、編集部の「馬主係」までお願いいたします。


【第2訓】イケメンとのセックスはつまらない!?

 冗談はさておき(笑)、これまで筆者の上を通り過ぎて行った男性たちとのセックスエピソードから、皆様のセックスライフに少しでも教訓となるご提案をさせて頂こうという主旨の本連載、今週は「イケメンとのセックス」を通してお話させて頂きますね。

菊池美佳子 Myルール とある夜の教訓 セックス テクニック 売れない バンドマン イケメン つまらない 教訓  高身長 デカチン 口内発射 キャバクラ
by b@nfy

 21歳の秋にセックスデビューした筆者の「2人目のオトコ」は4歳年上。メガネを外すとなかなか整ったお顔立ちをしている美男子でございました。身長も180センチ近くあり、そのうえたいそうご立派な巨根の持ち主。
イケメン・高身長・デカチン、と3拍子揃ったパーフェクトな男性です。

 彼と知り合ったのは、例の如く、当時働いていた池袋西一番街のキャバクラでした(詳しくは、第1回『売れない○○男子』の回をご参照くださいませ)。
彼は、Yちゃんというキャバ嬢の常連客で、筆者はヘルプとして彼のテーブルについたのですが、家が近所という共通点があったことから、連絡先を交換するに至ったのです。
Yちゃんのお客様である彼の連絡先を聞くって完全にルール違反なのですが、まぁこれは「お水の花道」を語る連載ではなく「セックスの花道」を語る連載ですのでスルーしてください(笑)。

 後日、「家飲みしようぜ」と誘われ彼の部屋へ。飲んでいるうちに段々エロい雰囲気になり、気付いたら布団の上に押し倒されておりました。ソッコーでセックスしました。

 ではなく。当時の筆者は、経験人数まだ1人の純情おぼこ娘だったため、ロストヴァージンを捧げた「売れない○○男子」のことが心のどこかで引っかかっておりました(詳しくは、第1回『売れない○○男子』の回をご参照くださいませ)。
というわけで、「やめておこう」とお断りする筆者。
すると彼の口から、超・意外な言葉が飛び出したのです。「Sから色々聞いているぜ」と。