「おーいまだ濡れてないよー!」前戯が少なすぎる彼に苦情を出すには

もっと前戯してほしい!

前戯が少ない彼に濡れない女性の画像by luizclas from Pexels

今週も読者の方からの質問にお答えします!

Hの頻度が少なくなると、挿入時に必ず痛くなります。週2くらいでしていればそんなに痛くならないのですが、彼氏がなかなかしてくれません。また、今の彼氏は手マンもほぼしてくれなくて、前戯がある時でも電マのみです。
爪を切るのが嫌みたいで、長い爪で手マンされるよりはマシですが…。
①久々の挿入でも痛くならないようにできる工夫、②彼に前戯させるためにできることを教えてください。

「前戯長いね…」だけじゃ苦情が下手すぎ!もっとハメまくってと伝えるには】では前戯の長すぎるパートナーへの苦情が下手すぎるという内容でしたが、今回はその逆で、もっと前戯してほしいというお悩みです。
前戯が長くて困る人よりも、もっと前戯してほしいのに…と思っている人の方が多いと思うので採用させていただきました。

自分だけでこっそり解決できる方法探してる?

質問の文面からは、久々の挿入でも痛くならないように”自分が”できること、前戯をしてもらうために”自分が”できることが知りたいのかな?という印象を受けました。
セックスの悩み相談で多いパターンです。セックスの不満やトラブルについて「どうやったら相手に直接言わずに気付いてもらえますか」「相手にバレないように対処できるような商品はないですか?」というように、自分だけでこっそり解決できる方法を探してしまうんですよね。

でも残念ながら、「手マンで膣をほぐしてくれますように」と神に強く願っても、「爪切って手マンして」と言いたげな目で見つめ続けても伝わらないし、飲めば手マンしたくなるような便利なお薬もないんですよ。
もうちょっと現実的に言うと、ほぐしていない膣に潤滑剤を塗り込んだとしても、摩擦による痛みを多少は軽減させることはできますが、膣が拡がるわけではないので根本的な解決にはなりません。
「爪切ったら?」と提案して切らせることに成功したとしても、「よーし、爪切ったから手マンしよーっと」と都合のいい流れになる可能性は低いです。