あなたはツルツル派?完全無処理派?夏こそ考えたいVIO脱毛の意義

「女子力」に振り回されてないですか?

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方
©Helga Weber

 股間が蒸れる季節になったのでちょっと毛の話をしようと思います。

 世間ではVIO(アンダーヘア)脱毛は女子力! みたいなことを言われているじゃないですか。
脱毛するのはその人の自由ですし、実際毛がないことで便利なこともあるから、脱毛することは大いに結構。でもいつも違和感を覚えるのは、「脱毛していないとやばいよ」っていう言葉なんです。この季節には特にそういった言葉を見かけます。
特に、「脱毛していないのは女としてダメだ」と取れるような表現を見るとモヤモヤするんですよ。ちょっと不安を煽りすぎじゃないかって。

 そりゃあ毛がないといいこともたくさんありますよ。例えば、

*汚れを拭き取りやすい(特に生理の時)
*毛に尿やおりものが付いて匂いの原因になるのを防ぐ
*クンニしてもらいやすい
*見た目がいい
、など。

 アンダーヘアを処理する目的としてよく言われているのが、「処理したほうが清潔に保つことができる」ということなんです。確かに皮膚の表面は拭き取りやすくなるので清潔に感じますよね。
でも本当にそうなのかな? と。

 そこに毛が生えている理由は何なのかと考えた時、アンダーヘアの場合、バクテリアの侵入を防ぐことや繊細な皮膚を摩擦から守ることなんです。そう考えると、毛がなくて大丈夫なのかな? と思ってしまいます。