彼を襲う前に予習すべき2つのこと

1、「今日はコレをやる」と決めておく
 例えば、責めてみたい体の部位、自分が動きやすい体位をいくつかピックアップしておきましょう。
完璧な流れを作っておかなくても、大まかな流れを頭に入れておけば安心して挑めると思います。

2、AVの好きなシーンを見せ合う
 襲ってほしいと言われても、どういう雰囲気でどれ位の襲い方をしてほしいのか全くわかりませんよね。
口調ひとつでも、女王様風の命令口調、ちょっとエッチなお姉さん風、痴女テイストの先生風、など好みがあるし。

 なので、相手の好きな動画を見せてもらって、相手の好きなシチュエーションを知るのもいいと思いますよ。
スマホが普及したことで、気軽にAVを観る人が増えてきました。
そんなに襲って欲しいのであれば、そういったシチュエーションの動画を観ている可能性がありますし、たくさん動画を観る人でも、最後は一番お気に入りの作品の一番興奮するシーンでフィニッシュしている人が多いものです。

 また、自分の好きな動画も同時に見せて、相手に次回チャレンジしてもらいましょう。

前後の連載記事