実際にバイブカウンセリングを体験!/バイブバーに潜入レポート(2)


 前回「男子禁制!魅惑のスポット・バイブバーに潜入レポート」に引き続き、今話題の乙女の社交場“バイブバー”の噂を聞きつけ、偵察に出かけたAM編集部一行。

 秘宝館のようなエロティックな内装に驚きつつも「バイブバーのメインはやっぱりバイブでしょ!」ってことで、今回はお客さんになったつもりで実際にいろいろと体験させていただきました。

バイブに関する質問ならおまかせ

遠藤遊佐 バイブバー
広報の方はバイブにとても詳しく、バイブの歴史についても色々話を聞かせてくれました。


――いろんなお客さんが来ると思うんですけど、皆さんどんな会話してるんでしょうね。印象に残ってる話題ってあります?

広報:うーん、最近多いのは「男性にバイブを使いたいんだけどどういうのがいいですか」っていう質問。

――え、男性に使うっていうと…アナル? それを女性のほうが聞いてくるんですか。

広報:はい。一応カップルで来てるんですけど、女性が責める側。
そういうときは、アナル用バイブっていうわけじゃないけど細身だったり、入れやすい形のものをおすすめしてます。

――うわー、女性客だと性の悩みや自分が使うにはどんなバイブがいいかっていう相談が多いんじゃないかと思ってました。

広報:もちろんそういう方もたくさんいるので、いろいろ話を聞いておすすめしてます。
オナニーはよくするんですかとか、クリ派と中派どっちですかとか、イキやすいほうですかとか……。

――頼もしい! じゃあ、ためしにバイブカウンセリングしてもらうことってできますか。

広報:大丈夫ですよ。

 ……というわけで、そこにいた編集長・K女史が人身御供に。