夫の最大の弱点とは?

 金玉である。

「今まで一番痛かったことは?」と夫に質問すると「スパーリング中に相手のヒザが金玉にぶつかった時かな~」と言うので「どういう痛みなの?」と聞くと「吐き気がするし、お腹も痛くなるし、言葉にできない」とのこと。

その瞬間、夫の脳内には「らーらーらーららーらー」と小田和正のクリスタルボイスが流れたのかもしれない。

ネットでも「金玉をぶつけるのは、地球の位置がちょっとズレるぐらい痛い」との意見を見かけたが、惑星の位置がズレるほどの痛みとはいかほどのものか?

まったく想像つかないが、そんな危険物をブラブラぶらさげてるなんて、無防備すぎやしないか。

ドラゴンボールのようなバトル漫画でも、かめはめ波や魔閃光を出すより、金玉を集中的に狙えばよいのでは?という気がするが、「卑怯だぞ!それは禁じ手だ!」と男性読者に受けないのかもしれない。

もっとリアル寄りの作品、私は観てないのでよく知らないが、『HiGH&LOW』などでも「執拗に互いの金玉ばかり狙うケンカシーン」は多分ないだろう。

やっぱ絵的にカッコ悪いから?でも一部の女性ファンには受けるのでは?

と真剣に考えていたところ、夫いわく「金玉は急所なので反射的に守ろうとするため、そう簡単にはヒットしない」のだとか。

「俺様のゴールデンボール危機一髪!」と瞬時に股を閉じて防御するため、タマにクリーンヒットさせるのは難しいとのこと。

よって夫婦ゲンカで勝ちたければ「…わかった、ここらで休戦しよう」と夫を油断させたスキに「股間光殺砲(こかんこうさっぽう)!!」と叫んで金玉を撃ち抜くとよい。

というのは嘘で、やはり暴力ではなく話し合いで解決すべきだと思う。

少し前、ゲイ友とその彼氏と飲む機会があった。

ふたりは10年以上の付き合いで「アタシたち、めったにケンカしないわよね♡」「だってキミのワガママには慣れてるし♡」とキャッキャウフフだったのだが、「まあ数年に一度、殴り合いのケンカをするけど」と言うので驚いた。

アル「ガチで殴り合うの?」

ゲイ友「そう、バカスカ殴り合うの。たまにはいいのよ、男同士だから

アル「そういうもの?」

ゲイ友「殴り合った後にガッチリ握手して仲直りするの♡」

そこだけ少年漫画なのが意外だったが、まあカップルの付き合い方もさまざまなのだろう。

とはいえ私はやはり暴力反対で、殴り合いはフィクションの中で楽しむだけでいい。

現在、私の右頬はボコられたように腫れている。この顔で外出するのもアレだし、リヴァイ兵長がエレンをボコって歯を折るシーンでも見返して、しみじみ萌えようと思う。
※2017年1月24日に「TOFUFU」で掲載しました

次回は <太メンJJの人生らくらくモードになるライフハック/59番目のマリアージュ>です。
先日の関西の地震を通して、JJ(熟女)になってから「メンが太くなった」と感じたアルテイシアさん。若いころは安定しなかったメンタルが今の状態まで落ち着けたのは、〇〇のおかげ?アルテイシアさんが実践したライフハックとは一体どんなものでしょう?

最新刊発売!

 過去10年間に執筆したエロコラムが詰まった『アルテイシアの夜の女子会』が2018年2月7日に発売。表紙はTOFUFUでも連載してくださっているカレー沢薫さんのイラスト。BL研究家・金田淳子さん、妖怪作家・ぱぷりこさんとの対談も収録。

待望の電子書籍化!

 入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!
本連載でおなじみの59番さんとの出会いが綴られています。

 59番さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

大ヒット発売中!

 アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。
パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪

前後の連載記事