子宮をとろうがとるまいが

 とはいえ、手術前よりは確実に健康になった。

だがこの1年、心身の調子があまりよくない時もあった。子宮をとろうがとるまいが、それは誰にもでもあることだ。

特に40代は疲れやすくなったり、体のあちこちが痛んだり、無理がきかなくなるお年頃。

孔子は「40にして惑わず」と言っているが、それは春秋時代の話で、現代の40代は「中年の危機」という言葉もあるように、惑い悩むお年頃だ。

そういう時は、屁をこいて寝るのが一番。傷もふさがって今は屁をこいても痛くない。

人間、生きてりゃ調子の悪い時もある。そんな時に「子宮をとったせいかも…」と理由探しにハマると「子宮をとると悪いことが起こる」という子宮教の呪いに利用される。

ネットで検索すると「幸せは子宮が引き寄せる!」「子宮に感謝すれば願いが叶う!」といった言葉が出てくる。「屁のツッパリはいらんですよ」ぐらい言葉の意味はわからんが、とにかくすごい自信だ。

人はわかりやすい理由を欲しがるが、べつに悪いことをしたから病気になるわけじゃない。生まれつき病気を抱えてる人もいるし、生きてれば誰だって病気にかかる可能性はある。

私は高度な現代医療のお陰で病気の苦しみから解放された、そのことに感謝したいと思う。

手術により過多月経から解放されて、今では好きな時に外出できるし、旅行の計画も立てられるようになった。手術前はトイレで血を見るたび「当分、遠出はできないな」とうんざりした気分になっていた。

月の半分をそんな気分で過ごすなんて、人生がもったいない。40代のまだまだ元気な時期をもっと自由に楽しく生きたい。

そう思って手術を決意してよかった。

手術を検討している筋腫シスターズには「私の場合、2日間ぐらいは地獄だったけど、その後はずっと快適だよ」と伝えたい。1年たった今では「そういえば手術したっけな~」と遠い記憶になっている。

たまに思い出すのは、トイレの戸棚にある生理用品の在庫を見た時ぐらいだ。

「捨てるのももったいないし、利用方法はないかな」と女友達に話すと「花粉症の時に使ったら?ドロッと鼻水も吸収!」「窓に挟んで結露を防いだら?」「凍らせてアイスノンにしたら?」などのアイデアが寄せられた。

ネットで検索すると「生理用ナプキンを靴の中敷きにすると足のニオイを防げる」との情報を得た。たしかにテープもあるしズレなくて便利だ。

今度、夫の靴にナプキンをそっと忍ばせたいと思う。

※2017年7月25日に「TOFUFU」で掲載しました

次回は <太メンJJの人生らくらくモードになるライフハック/59番目のマリアージュ>です。
先日の関西の地震を通して、JJ(熟女)になってから「メンが太くなった」と感じたアルテイシアさん。若いころは安定しなかったメンタルが今の状態まで落ち着けたのは、〇〇のおかげ?アルテイシアさんが実践したライフハックとは一体どんなものでしょう?

最新刊発売!

 過去10年間に執筆したエロコラムが詰まった『アルテイシアの夜の女子会』が2018年2月7日に発売。表紙はTOFUFUでも連載してくださっているカレー沢薫さんのイラスト。BL研究家・金田淳子さん、妖怪作家・ぱぷりこさんとの対談も収録。

待望の電子書籍化!

 入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!
本連載でおなじみの59番さんとの出会いが綴られています。

 59番さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

大ヒット発売中!

 アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。
パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪