ヒモが作る、いたわりご飯

おせちやお餅にもう飽きた!新年ランチにぴったりな「ハムとホワイトソースのオープンサンド」

お正月気分は抜けても、食卓にはまだお正月感が残っているというもの。残ったおせちのせいで和食に飽きてしまったAM読者も多いのでは?そんなときに食べたくなるのはやっぱり洋食。ポイントさえ押さえれば簡単で失敗もせずにつくれるお手製ホワイトソースをつかった、ランチにぴったりサンドイッチのレシピを紹介します!

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

 明けましておめでとうございます! ヒモのまいったねぇです。
みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?

 ヒモのお正月には天敵が二つ。
それは親戚の子どもと、年に一度しか会わない親戚のオバチャンです。

 子どもと言えばそう、お年玉。ひと昔前までお年玉は貰う側だったのに、いつしかあげる側に。なので、ヒモのポチ袋は中身より、デザイン性で勝負です。
また、避けて通れないのが親戚のオバチャンからの「仕事何しているの?」口撃。毎年繰り返される質問には、もはや食傷気味。

 食傷といえば、おせちもそう。元日にお重を開けた瞬間は「なんてご馳走なんだ!」と思うのに、三が日を過ぎるころには、すっかり飽きてしまいます。

 今回は和食に飽きてしまったときにぴったりな、おいしいサンドイッチのレシピをご紹介します。

「ハムとホワイトソースのオープンサンド」

 ホワイトソースって難しそう…と思われる方も多いと思います。
でも、ポイントさえ押さえてしまえば、実は簡単に失敗なく作れます。それに、お手製のホワイトソースってびっくりしてしまうほどおいしいんです。

 バターと小麦粉、牛乳の3つだけで作れるとは思えないほど豊かなその味は、とてもなめらかでクリーミー。

 そんなホワイトソースを香ばしいバケットにたっぷり塗って、相性の良いハムと玉葱、チーズをのせてこんがり焼くと、とびきりおいしいオープンサンドの完成です。

「ハムとホワイトソースのオープンサンド」の作り方

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

【材料】
・ハム 2枚
・バケット 2分の1本
・玉葱の薄切り 適量
・シュレッドチーズ 適量
・バター 10g
・薄力粉 10g
・牛乳 230g
・塩 小さじ2分の1

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

1.まず、はじめにホワイトソースを作ります。フライパンにバターを溶かし、ふつふつと音がするまで火にかけます。音がしたら、火を止めて、薄力粉を振り入れます。ヘラや泡立て器、フォークなどでよく混ぜて、粉っぽさが無くなったら、絶えず混ぜながら中火にかけます。ここでしっかり炒めないと、出来上がりが粉臭くなってしまうので注意しましょう。

【ポイント①】
ホワイトソース作りで多い失敗のひとつが焦げてしまうこと。薄力粉を加えるときに一度火を止めれば、焦げの防止になります。

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

2.最初は少し粘り気がありますが、薄力粉に火が入ると一気にサラッとしてきます。これが炒め終わりのサインです。よく混ぜながら、少しずつ牛乳で伸ばしていきます。牛乳が全量入ったら、ホワイトソースの出来上がりです。

【ポイント②】
ホワイトソースを牛乳で伸ばすときはよく混ぜて、ダマをなくすことが大切。はじめはダマがあっても混ぜ続ければ、必ずなめらかになるから大丈夫です。また、ホワイトソースは冷えると固まる性質があるので、少量の牛乳を足して混ぜながら温めてください。

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

3.玉葱はできるだけ薄く切って水にさらし、ハムは小さく短冊切り、バケットは横半分に切ります。

ヒモ まいったねぇ レシピ 年越しそば 鶏南蛮

4.バケットの切り口に(2.)のホワイトソースをたっぷりと塗り、上から玉葱、ハム、チーズの順にトッピングしたら、余熱しておいたトースターで5分ほど焼いて出来上がり。

【ポイント③】
トースターを予熱しておくと、バケットの中までしっかり温まって、おいしそうな焼き色が均一につきます。

 ハムと玉葱以外にも、温野菜をのせたり、大きなソーセージをのせたりしてもおいしいです。さらにトッピングとして、黒胡椒やカレー粉、ピクルスなどもよく合います。