ヒステリックな「結婚してないとヤバイ感」

さらに、結婚していない女性への「お前、ヤバイぞ」という圧力も年々強くなっています。

近年、未婚Over 30の心を抉る大ヒット漫画『東京タラレバ娘』や、40代未婚女性が自虐的に結婚できない自分を語る名著『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』が次々登場。

読者が実際に30歳以上の女性ならいいのですが、これを20代前半女子が愛読して「こんな風になったらやだね」と話しているから笑えない。
今のアラサーは年下ちゃんから見下され、上司からは「まだ結婚しないの?」プレッシャーを受けています。そりゃ、ある程度頑張り屋さんで、空気が読めてこれまで親や上司の期待に応えられた女子ほど「ああ、結婚したい」と思うはず。世間に従うことで、攻撃からさらされずに済むのですから。

結婚って本当に必要なの?

仕事がしんどい、周りのプレッシャーがきつい。こんな理由から「結婚したい」と口に出すのは自然なことです。ただそこには「私は本当に結婚したほうがいいのか?」という冷静なメスを入れてもいいと思いませんか。

結婚しても3割は離婚するこの時代。結婚って、全員に向いているとはとても言えない制度なんじゃないでしょうか。結婚しなきゃと焦る前に、実際に結婚や離婚を経験した人にOB・OG訪問してもいいんじゃない? 最終的に結婚を選ぶにしても「自分で選んだ」進路にしたくない?

そこで、今回からの連載ではロジックおばさんことトイアンナが、データ分析とインタビューを繰り返し、結婚って本当にいいものなんだろうか? 「私」に向いているんだろうか?と真面目に調べていきたいと思います。これから婚活するあなたも、クロージング直前のあなたにも「考えるヒント」となれば幸いです。

次回は平成になって登場したSNSの結婚マウンティングへ力強くメスを差し込んでいきますので乞うご期待!

Text/トイアンナ