人妻は不倫の夢を見るか?

官能小説家で人妻の大泉りかさんに、数多くの恋愛経験からくるアドバイスをお伝えしてもらう「ちょっと大人な」コラム。
大泉さん自身が若かったころの経験から、年を経て、あのころの「おじさん」の気持ちがわかるようになるまで。
読む人の年齢に関係なく、どこか思い当たるところがあるはずです。

人妻は不倫の夢を見るか?
love
  • 若者が「クルマ」に乗る理由  わたしが育ったのは、東京23区の中でも一番端っこの、犬の散歩で5分も歩けばもうそこは隣県という境界の街でした。 たった数百メートルしか離れていないというのに、ボーダーの向こう側には、少し過激なカルチャーが...
  • 2017.03.25
love
  • 近すぎる彼とのライバル関係  自分が望む将来の生活を想像して「お金持ちの彼がいい」「将来性のある彼がいい」「安定企業に勤めている彼がいい」と、彼の持つスペックで、恋をするかしないかを選ぶのは、とても賢いやり方だと思います。 あざとい女...
  • 2017.03.18
love
  • 面倒くさくても、譲れない。  年を取るごとに厄介になりつつあるのが、自分の「こだわり」の扱い方です。 好き嫌いから、物事のやり方・見方etc、自分でも「凝り固まっているなぁ」と呆れることも多々ありますし、そのこだわりのせいで、あえて面...
  • 2017.03.11
love
  •  ずいぶん昔に仲良くしていた女友達がいました。彼女は、大学時代ミスコンに出場したこともある美人で、テレビ局に勤めている6歳年上の彼氏がいました。ある時彼女と飲みに行き、お会計も済ませて店を出るというタイミングで、どうやって帰るのかを...
  • 2017.03.04
love
  • 乳首を弄ると子宮が動く  昨年末、出産予定日の一週間前に自ら進んで入院をしたのは、年内に出産から退院までを済ませてしまおうという目論見があったからでした。 計画出産と呼ばれるもので、陣痛促進剤を投入し人工的に陣痛を起こして出産すること...
  • 2017.02.25
love
  •  2000年代の初めから中盤頃だったでしょうか。下世話な取材記事を得意とする女性ライターが、多く活躍していた時代がありました。  その舞台は主にアンダーグランドな裏ネタを扱った男性誌の誌面上。そこには、体を張って取材を敢行する女のラ...
  • 2017.02.18
love
  • おじさんは「頼もしい!?」 「オジサン好き」を表明する若い女性は珍しくありませんが、わたしも例に違わず、ハタチそこそこの若いムスメの時分には「オジサン」が好きでした。  なぜ「オジサン」が、好きだったのかというと「知らない大人の世界」...
  • 2017.02.11
love
  • 3Pは長年の夢だったけれども 3Pには、あまりよかった思い出がありません。大昔に付き合っていた酒乱の恋人が、わたしの了解も得ずに勝手に「一緒にする?」と男友達を誘ってイタしたことだったり、クラブか何かで仲良くなって家に連れて帰ってきた...
  • 2017.02.04
love
  •  前回の記事からお楽しみください感謝されて心変わり  それは、とある冬の日のことでした。年中、体調不良のその彼から「熱が40度くらいある。インフルエンザかも」とメールが届いたのです。  わたしはいつものように「病院に行ったら」と返し...
  • 2017.01.28
love
  • その気遣いは「優しさ」か?  寒気が身に染みる季節ですね。町中ではマスク姿の人もちらほらと見かけるようになりましたが、わたしは昨年、自分の意思でもって初めて、インフルエンザの予防接種を受けました。  というのも、社会人になって10年以...
  • 2017.01.14

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。