人妻は不倫の夢を見るか?

官能小説家で人妻の大泉りかさんに、数多くの恋愛経験からくるアドバイスをお伝えしてもらう「ちょっと大人な」コラム。
大泉さん自身が若かったころの経験から、年を経て、あのころの「おじさん」の気持ちがわかるようになるまで。
読む人の年齢に関係なく、どこか思い当たるところがあるはずです。

人妻は不倫の夢を見るか?
love

どうでもいい蕎麦屋での「共通の経験」がわたしと恋人を結びつける

  • いちばん近所の蕎麦屋に彼と  先週まで書いてきた、新しく一緒に暮らし始めた恋人は、プロレスや映画、特撮といった、サブカルチャーをモチーフとしたTシャツブランドの代表兼デザイナー。近所に実店舗を構えているものの、デザイ...
  • 2018.04.21
love

わたしの自己実現の証「大泉りか」で名前を呼んでくれる夫

  • わたしをペンネームで呼ぶ恋人  2009年。付き合い始めたとほぼ同時に同棲することになった新しい恋人は、わたしのことを「りかちゃん」と呼ぶ人でした。  というと、「それって当たり前なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。けれ...
  • 2018.04.14
love

恋愛感情だけで結婚しちゃダメ?モラハラ夫を育てない家事のルール

  • わたしは男を見る目がないんじゃないか  新しい恋人と付き合い始めた時、わたしは32歳で、彼は早生まれの35歳でした。世間一般では、この年齢の組み合わせのカップルだと、付き合い始めに互いの将来のビジョンをある程度示し合い、共有することが...
  • 2018.04.07
love

恋人が何を言おうとやりたいことをできていますか?レズナンパバトルに出た話

  • レズナンキャノンボール参戦  先週書いたとおり、新しい恋人と東中野で同棲を始めて、半年ほど経った頃のことだったと思います。友人の漫画家、ドルショック竹下さんから、とある誘いを受けました。彼女が連載している体験漫画の企画で、クラブのガー...
  • 2018.03.31
love

わたしは婚約破棄したそばから別の男と同棲してよかったのか?

  • 恋人と別れてどこに住む?  6年間付き合った恋人と別れた32歳の秋、わたしは悩んでいました。恋人と一緒に住んでいた湘南の家を引き払った後の、身の振り方についてです。  湘南の街は空が広く、海まで歩いて行けて、夏が賑やかで冬でもポカポカ...
  • 2018.03.24
love

わたしはヤリマンなのか?「Y-1(ヤリワン)グランプリ」を主催して戦った結果

  • わたしは「ヤリマン」なのか?  面と向かって「ヤリマン」呼ばわりされたことが、わたしは過去に3度あります。  1度目は大学生の時。実家のリビングで、親が寝静まった後に地元の男友達と酒を飲んでいた際のことでした。遊んで帰ってきた弟(当時...
  • 2018.03.17
love

「君を尊敬している」が口癖の恋人とわたしが別れた理由

  • 恋人への加害者意識と被害者意識  先週まで書いてきたように、6年間付き合っていた恋人との別れは泥沼化しました。原因は、わたしの加害者意識のせいだったと思います。 セックスレスに耐えきれずに浮気をし、その相手に心変わりして結婚を反故にし...
  • 2018.03.10
love

別れるときはお金に注意!元恋人から40万円抜かれた話

  • 共用口座の中身が……  先週書いたとおり、ようやく別れを飲み込んだ恋人が、わたしの父親づてに「来週、家を出ていく。犬を残していくから、その日に帰ってきてくれ」と伝えてきました。  恋人と同棲をしていた家に半年ぶりに戻ると、ところどころ...
  • 2018.03.03
love

婚約解消でようやく気づいた。何があっても親はわたしの味方だということ

  • 同棲解消でしかたなく帰った実家  わたしの実家は練馬区の端っこにあります。最寄り駅からはバスで15分とやや離れているものの、電車に乗ってしまえばわずか20分で池袋まで出ることが出来ます。 そんな気軽に帰れる距離にもかかわらず、大学を卒...
  • 2018.02.24
love

婚約破棄寸前の彼がどんどんメンヘラに…2人きりの地獄の夜

  • 婚約破棄の危機でもいつもどおりの恋人  自分から離れゆく人の心をつなぎとめるためには、どうすればいいのでしょうか。 これまでの態度を反省して改めること。相手が不満に思っていることを知り、その不満を解消するべく努力すること。身なりに気を...
  • 2018.02.17

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。