人妻は不倫の夢を見るか?

官能小説家で人妻の大泉りかさんに、数多くの恋愛経験からくるアドバイスをお伝えしてもらう「ちょっと大人な」コラム。
大泉さん自身が若かったころの経験から、年を経て、あのころの「おじさん」の気持ちがわかるようになるまで。
読む人の年齢に関係なく、どこか思い当たるところがあるはずです。

人妻は不倫の夢を見るか?
love

自分を優先したい私と、自分を優先してほしい彼が、なぜ付き合ってしまうのだろう

  • 恋人の言うことを聞いてしまう私  自分の性格の、一番良くないところを考えると、それは「恋人の言うことを聞いてしまうところ」ではないかと思っています。両親や教師ならば反抗するし、仕事関係の人の場合は、きちんと自分の考え...
  • 2017.08.19
love

「ノーブラの生徒がいて集中できない」!?好きな服を着るために闘った高校時代

  • 服装の規定がゆるかった高校時代  出産を期に、なにが一番変わったかといえば、服装です。これまで夏ともなればショートパンツにタンクトップだったり、ノースリーブのロングワンピースで涼やかに過ごしていたのですが、なんとなく今年は着る気に...
  • 2017.08.12
love

なぜヤってしまったんだ…SNSの投稿でどんどん嫌いになる昔の男たち

  • 15年前の男とつながれちゃうSNS  先日、前に……それも15年以上も昔に一度だけ関係をもったことのある男性が、ツイッターをフォローしてくれていることが発覚しました。たった一発だけで終わった相手ですが、いまだにわたしのことを気にしてく...
  • 2017.08.05
love

「初デートでサイゼはない」派の女の子たちへ!男性だって変わるんだからもったいない

  • 初デートはビール100円の居酒屋  夫との初デートは、新宿の居酒屋でした。「19時に新宿で待ち合わせ」とだけ決めていたところ、向かっている最中に「今日だけど、行きたい店ある?」とメールが。しかし、相手の財布の具合がわかりません。 当時...
  • 2017.07.29
love

不倫中の女友達に、結婚した私が「わかる」と共感するのは正しいのだろうか

  • 妻のわたしと不倫中の女友達の友情  人生も中盤に差し掛かると、旧知の女友達と自分が、必ずしも同じ場所にいるとは限らなくなってきます。シングルの人、恋人がいる人、恋人と同棲している人、結婚している人、結婚して子供がいる人、離婚した人……...
  • 2017.07.22
love

ケチな男たちへ…「一緒にいられればそれだけで幸せ」をわたしに強要しないで

  • 男性ってケチな人が多くないですか  女友達が昔付き合っていた男性に、めちゃくちゃにケチな人がいまして、どれくらいケチかっていうと、車で一緒に出掛けてラーメン屋に入った時、その彼が「ごめん、いま一万円札しかないから、立て替えておいてくれ...
  • 2017.07.15
love

セックスはメンタルの問題だけじゃない!実は大事なフィジカルのトレーニング

  • 産後に当たったインナーボール  7月4日に阿佐ヶ谷ロフトで行われたAMのトークイベント「祝5周年!フリースタイル恋愛メディアAMの裏話座談会」にお邪魔してきました。息子の預け先が見つからず、前抱っこスタイルで、雨の中訪れた阿佐ヶ谷ロフ...
  • 2017.07.08
love

「男の顔の好み」は何かをきっかけに変わる。それは希望かもしれない

  • 出産で変わった男の趣味  先日、近所の中華料理屋で夫と一緒にランチを取っている時のことでした。その中華料理屋は、刀削麺が名物メニューなのですが、ランチタイムは800円かそこらで、サラダ・ライス・ドリンクが食べ飲み放題付き、お持ち帰りの...
  • 2017.07.01
love

「自分の機嫌と関係なく楽しくしよう」と思えない人なんて一緒にいる価値がない

  • “機嫌のいい人”がいない家  思えば、わたしが育った家は、“機嫌のいい人”がいない家でした。週刊誌の記者をしていた父は、基本的にあまり家にはいませんでしたが、母はそんな常時不在の父を家庭の頂点に置いてもいました。だから、わたしが何か「...
  • 2017.06.24
love

男の辞書には「あざとい」という文字がないのか?バーで出会った女性の手練手管

  • 何度もコースターを落とす女性  ある晩、夫の経営するバーのカウンターで、男友達と飲んでいた時のことでした。夜半過ぎに、わたしと男友達の共通する知り合いの男性――仮にTとします――が、見知らぬ女性と連れだって入ってきました。Tと会うのは...
  • 2017.06.17
童貞の疑問を解決する本. 書籍版

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。