人妻は不倫の夢を見るか?

官能小説家で人妻の大泉りかさんに、数多くの恋愛経験からくるアドバイスをお伝えしてもらう「ちょっと大人な」コラム。
大泉さん自身が若かったころの経験から、年を経て、あのころの「おじさん」の気持ちがわかるようになるまで。
読む人の年齢に関係なく、どこか思い当たるところがあるはずです。

人妻は不倫の夢を見るか?
love

なぜバンドマンと付き合ってはいけないのか…私怨で言います、クソが多いからです

  • 付き合ってはいけない職業3B  最新刊は激薄で、本編はなんと3話のみ、ドラマも低空飛行で終わったことで、すっかりブームが去った感のある『東京タラレバ娘』。それでも、作中のフレーズでいまだに目にするものがあります。それは、「女が付き...
  • 2017.05.27
love

別れてくれない元恋人と新しい恋人との台湾旅行…彼はわたしが壊したんじゃなかった

  • 別れてくれない元恋人と、新しい恋人  7年ぶり3度目の台湾に行ってきました。単純に渡航した回数では韓国やタイには負けますが、台湾はわたしにとって、ちょっぴり特別な国でもあります。  2009年。その年はわたしにとっては、人生が変わった...
  • 2017.05.20
love

「やっぱり母乳で育てるのがいいんだよね」?恋愛にも共通する「愛情の恐喝」

  • 母乳とミルクは必ずしも選べるわけじゃない  子供を連れて歩いていると、とにかく人に話しかけられます。特にご高齢の方は男女構わず「可愛いね」「男の子? 女の子?」「いくつなの?」などと話しかけてくる率がハンパなく高い。でも、加齢によって...
  • 2017.05.13
love

『身体を売ったらサヨウナラ』それでも一線を超えた人たちに感じるうらやましさと悔しさ

  • 身体を売ったらサヨウナラ  先日、映画『身体を売ったらサヨウナラ』の試写会に行ってきました。一流大学出身、某新聞社の元社員で、かつ元AV女優でもある社会学者、鈴木涼美さんの著書『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』の...
  • 2017.04.29
love

デートで店を予約しておかない男って何なの?2人ですれちがう「特別な日」への考え方

  • お祝い事に興味のない夫  先日、息子の「お食い初め」というお祝いの儀式をしました。一生食べ物に困らない事を願って、料理を食べるマネをさせるのですが、赤飯を炊き、ニンジンやレンコンを花形に飾り切りして筑前煮を作り、お義母さんに尾頭付きの...
  • 2017.04.22
love

赤ちゃんのオチンチンはみんな可愛いのに…大人のアソコとあの日の記憶

  • 育児中の癒しは可愛いオチンチン  息子を生んで3か月、これまでの生活に「育児」というタスクが割り込んできたわけですが、これがとにかく時間と手間がかかります。 今でこそ、片乳5~10分くらいで済むようになった授乳も、新生児の頃(生後28...
  • 2017.04.15
love

アラフォーだけど元カレの名前で検索します!なぜ年を取った女の欲望は許されないのか

  • アラフォーが元カレを意識して何が悪い  雑誌『STORY』5月号 を買ってみました。局地的に話題になっている「元カレ特集」が目当てです。Amazonから届いて、さっそく箱を開き目にしたのは、表紙の「その服で元カレと会える?」という深淵...
  • 2017.04.08
love

私はどれほどの出会いを無駄にしてきたんだろう。教えてくれたのはエロ目的の友達申請?

  • アダルト目的の男性から友達申請  ある日、Facebookで見知らぬ男性から友達申請が届きました。といってもそれはさほど珍しいことではありません。おそらくこのコラムを読んでいる女性のみなさんの多くも、「見知らぬ男性から申請やメッセージ...
  • 2017.04.01
love

頭隠さず股隠す!?カーセックス談義で垣間見た恋人との相性

  • 若者が「クルマ」に乗る理由  わたしが育ったのは、東京23区の中でも一番端っこの、犬の散歩で5分も歩けばもうそこは隣県という境界の街でした。 たった数百メートルしか離れていないというのに、ボーダーの向こう側には、少し過激なカルチャーが...
  • 2017.03.25
love

同業種を恋人にするのはアリか?好きな人がライバルに変わってしまうとき

  • 近すぎる彼とのライバル関係  自分が望む将来の生活を想像して「お金持ちの彼がいい」「将来性のある彼がいい」「安定企業に勤めている彼がいい」と、彼の持つスペックで、恋をするかしないかを選ぶのは、とても賢いやり方だと思います。 あざとい女...
  • 2017.03.18
童貞の疑問を解決する本

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。