自分の外見コンプレックスが海外ではモテの要素かも!?

2014年ミスフランスは褐色の肌美人

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
petersbar


 先日フランスのテレビを賑わせたのは、年に一度開催される「ミスフランス」でした。外見より中身重視の思考が日本より断然強いフランス(と感じている)ですが、やっぱり若くてかわいらしい女子が好きなのは否めません。

 フランス各地域でよりすぐられた33人の美女たちが、ドレス姿やビキニ姿を惜しげもなくさらすので、視聴者はやっぱり見ずにはいられないのでしょう。
彼女たちの年齢は二十歳前後。キラキラして弾けんばかりの肌で日本人の私からみたらバービー人形のようです。

 この中からミスフランスに選ばれる女性は、その日からシンデレラのようセレブリティーの階段を駆け上ります。
翌日からテレビに出まくり、フランスの主要イベントにもVIP招待、車や化粧品、さらにはパリのアパート一年分などスポンサーから豪華プレゼントを受け取るうえに、女優としてデビューする可能性もあるのです。

 その2014年のミスフランスに選ばれたその美女とは、オルレアンというパリの南西にある街出身のフローラさん19歳でした。実は彼女、真っ白な肌でなくうす褐色に大きな黒目が特徴の長身美女、というのも彼女はフランス人とアフリカ人のハーフなのです。

 二位に選ばれたのはこれまた褐色の肌をもつミス・タヒチの女性でした。よくよく他のミス候補を見てみると、真っ黒の肌を持つ女性もいます。
というのも、フランスにはフランスの本土意外にも海外県というものがあるからです。
そういった離れた県は南の島でアフリカに近いことが多いため、黒光りする肌を持つ フランス人というのがいるわけです。