AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

結婚相手に選ばれない=女性として肯定されない?

結婚していない、できていない、一生できないのではないか? そんなプレッシャーや、恐怖感にかられている人、少なくないのではないでしょうか? 周りを見ると、ゆるふわ系で、オシャレもできてお化粧もちゃんとしている女性ばかりに彼氏や旦那さんがいる…という悩みに世界婚活、中村綾花が答えます。

結婚相手に選ばれない=女性として肯定されない?


世界婚活 中村綾花 フランス 旅行 接客 ローマ
by anurag agnihotri

 結婚していない、できていない、一生できないのではないか? そんなプレッシャーや、恐怖感にかられている人、少なくないのではないでしょうか?

 私自身もその1人でした。こんな私と結婚してくれる人がいるんだろうか?
周りを見ると、ゆるふわ系で、オシャレもできてお化粧もちゃんとしている女性ばかりに彼氏や旦那さんがいる。
「ゆるふわ女子」になれない私は、ずっとひとりぼっち。
そんなコンプレックスばかり感じていました。

 そのコンプレックスはやがて「結婚相手がいない私は不幸」、「結婚しないと将来ひとりぼっちで不幸」「結婚できてこそ、女性として肯定される証」等々の妄想を引き起こし、不のスパイラルに陥りました。
でも今、結婚をしてみて分かるのは、その時は狭い世界にいたからこそ自分の不安一点に集中して不幸ばかり見ていた、ということです。
なんだか、「モテ」という言葉が神がかった言葉に見えてしまうのも、自分には到達できないモテの型に焦点を合わせていたから遠く見えただけの話。

 実は、モテも結婚も「自分に合う相手を探す」シンプルなものなのです。
同じ民族ばかりの日本にいると、「モテ」すら一般的な型があり、それにあてはめなければ…という風潮すらあります。そんなの糞食らえです。本当に。

 でもこの型につい、影響を受け意識してしまうのも日本人の性なのです。

 ところが、日本を一歩外にでてしまうと、「あれれ?」と思う美人でもない女性が(失礼!)彼氏や旦那さんと幸せそうに歩いている姿を見かけます。
世界では、モテも色々な型があるのです。その分、日本ではモテを感じたことがなかった日本人女性がモテを感じることになります。
日本ではモテなんて一度も経験したことがなかった私が、海外で「モテ」を実感しましたし、中でも私自身が最強にモテる相手を発見し、結婚することができたのです。

 そもそも海外にでると、「結婚しない=不幸」というようなプレッシャーがない国も多いので、結婚で感じていたプレッシャーもどうでもよくなるのですけどね。
モテの型だけでなく、生き方の型もバリエーションがあるので、何が不幸か何か幸せかは、本人次第になってきます。

 何度もいろんなところで言っていることですが、特に日本人女性は世界でモテます。