恋だけじゃない。仕事だけじゃない。

オンナは結婚したら家にいるべきか?

最近27歳の男の子が言ってた。

『結婚したら、嫁は仕事をせず家にいてほしい。
 オレは昭和のオンナがいい。』

ナルホド。
それで考えた。

彼は好きな人に出会って、
その人と相談すべきなのではないか?

つまり順番が逆なのではないか?と。

しかし一方で、家にいるのがキライな女の子と
結婚してしまっても、それは不幸なような気がする。

こういう理想を固めるということは、
いったいどれくらい重要なのだろう?


でもここでもっとも注目すべき大事なことは、
「家にいる」というのは手段であって、
ゴールではないといういこと。

ここでいうゴールは、
『母親は子育てに専念できる環境であってほしい』
ということなのだ。

それを実現するためには、手段はもっといろいろある。
たとえば、在宅ワークとか。


だからその話をしてみた。
『でも女子って、家事では評価されないし、
子育てが終わった40歳くらいでは社会復帰も難しいんだよ』

そうすると彼は、
『なるほど!じゃあほめればいいんだね!』

ん~そうなのかな。


しかし田島陽子と呼ばれる私はまた反撃だ。

『でも今って、政府が国を支えるために、
 女性と高齢者は働け!って言っているよ』

そこまでいうと彼もさすがに・・・。


『女性は結婚したら家にいるべきか?』
という議論はつまり、

この議論そもそもが無意味なのだ。


ガオガオ。