五百田達成 オフィシャルブログ

「ひとりでは生きられないのも芸のうち」内田樹

現在、6月に出る新刊に向けて、

調査・取材・読書・書き出しの毎日です。

インプット&アウトプットですね。


そんな中、出会った本をいくつかご紹介します。


ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)/内田 樹

¥600
Amazon.co.jp

→個人的に大好きな論客、内田樹が、

結婚や家族や仕事や人間関係について語ったことを

まとめた本。テーマはライトなので、

「内田樹って、興味があるけど、どれから読んだらいいかわからない」

という20代、30代の人には、入門としてオススメです。


絶望の国の幸福な若者たち/古市 憲寿

¥1,890
Amazon.co.jp

→若者ってなに? というところからスタートする、

社会学の本。書き手は26歳!

「いまどきのわかもの(草食系含む)」を苦々しく思ったり、

「いまどきのわかもの」と疎まれたり、

どちらの人も「なるほど、なるほど」と読める本です。



どちらも、

暗い話題が多く不安にかられる毎日を、

こういう風に考えれば楽しく生き抜けるという視点を、

数多く含んだ2冊。

よかったら読んでみてくださいね!


↓こちらの会では、そのへんの話もたっぷりします♪↓

《お知らせ》

●4月22日(日)は、女子会企画in恵比寿!! 話題のお店でおいしいワインを♪