五百田達成 オフィシャルブログ

アメトーーク!「嫁を大事にしてる芸人」を考える。

先日のアメトーーク!は、

「嫁を大事にしてる芸人」


奥さんのことが好きで好きでたまらない芸人たちが、

奥さんと家族の、

ほのぼの・いちゃいちゃ・けたけたエピソードを披露していました。


誰かが傷つくわけでもなく、

いじりがひどいわけでもなく、

文句のつけようがほとんどない、

「たっのしそうだな、おい」と言いたくなる

とても素敵なコンテンツ。

家電芸人のように、定番化するといいのにな、と思います。

(家庭的なイメージのCMのオファー、来そうです)

日本愛妻家協会の人や、西口敦さんともよく話すのですが、

日本の既婚者男性はのろけなさすぎです。

「うちの奥さんは日本一」と胸を張れる男性が増えるといいですね。


ですが!!!(ここからが主題です)


この番組を見る女性

(ちなみにゲストは、熊田曜子、磯山さやか。

「私の何がイケないの?」でご一緒したふたりで、

そこも興味深かったです)

の大半の感想は、

「いいなあ、私も、こんなふうに愛されたい~」かもしれませんが、

逆です。


こういう風に愛してくれるような男性を選ぶべきであり、

あるいはこういう男性をいいと思えるような感性を磨くべきなのです。


というのも、登場するメンバーは、

田村亮、土田晃之、FUJIWARA原西、梶原雄太、塙宣之、佐藤哲夫、富澤たけし、山田與志、ノブ


・・・どれもいわゆる肉食からはほど遠い、ほのぼの芸風の人たちばかり。

勢いがあって、売れてて、かっこよくて、というよりも、

のんびりしていて、マイペースで、じゃがいもっぽいルックスの人ばかり。

しかも、明日も分からぬ芸能人稼業。

彼らの奥さんの気持ちを考えると、

「経済的安定」なんて考えたら結婚できないでしょう。


それでも、

「なんか楽しそう」と思えるかどうか。

「生活はなんとかなるかな?」と思えるかどうか。

それが、ずっと愛される結婚生活(と、それを実現できる相手選び)の決め手です。


みなさんは、

上記のようなタイプの芸人、好きですか?

男性として、夫として、見れますか??

「いい人そうだけど・・・」と敬遠してしまいませんか??

というか、リアルに彼ら(売れてないとしても)と結婚を考えられますか??



ビックリマーク恋と仕事のキャリアカフェ

☆大人気! 働き女子のための人生相談ルーム☆

$五百田達成 オフィシャルブログ

★恵比寿ガーデンプレイスでほっと一息★

├初めての方へ
├相談者の声
├プロフィール
├個別相談
├ワークショップ
├料金表
├ご自宅でも!
├よくあるご質問

☆首都圏以外の方には、チャット(ビデオ)相談も☆