犬山紙子×大泉りか×少年アヤが語る、脱ブスへの道

犬山紙子×大泉りか×少年アヤが脱ブスへの道を探る!

犬山紙子×大泉りか×少年アヤが語る、脱ブスへの道
special
  •  今回「脱ブス」の道というテーマで、犬山紙子さん、大泉りかさん、少年アヤさんにお話していただきました。 そのお話のなかでこのまま世に出さないのはもったいない…そんなこぼれ話がありましたので、番外編としてご紹介させていただきます。 自分...
  • 2012.09.30
special
  • モテを怖れて個性を拠り所にしてしまうのは危険!?大泉:ブスって、すごいオンザの前髪とか輪郭丸出しのベリーショートとか、難易度の高い髪型にわざわざ挑戦していたりするじゃないですか…。個性的にしなければ、ブスっぽくはならないこともあるのに...
  • 2012.09.28
special
  • 女性社会でも疎まれるブスと、輝くブス大泉:本当に自分の顔の造作にコンプレックスを抱えていたら、自分のことブスって言えないし、笑いにもできないですよね。あと、内面に限っていうと、本当に性格の悪いブスっていうのは自分が性格悪いって気づいて...
  • 2012.09.15
special
  • 環境によって形成された自意識がブスという化け物をつくる編集部:みなさんの考える「ブス」とは──犬山紙子さん(以下、犬山):男がいうブスって、ほぼ顔面偏差値だと思うんですよ。でも女の場合は芸能人のことブスって言ったりしますよね。自分にと...
  • 2012.09.03

ライタープロフィール

犬山紙子
1981年生まれ。エッセイスト。イラストエッセイ『負け美女』でデビュー。
少年アヤちゃん
平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。
大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。