• love
  • 2012.05.09

ジャマン・ピュエッシュ20周年記念展、7385日の軌跡を辿って

 “JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)”といえば、自然体で温もりがありつつ、その独特の感性やウィットで数々のオリジナリティを生み出してきたフランスのバッグブランド。
その誕生から早くも20年の歳月が過ぎ、今回その歴史を祝して過去のコレクションピースを集めたアーカイブ展が開催されます。

JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)

 デザイナーのブノア・ジャマンとイザベル・マリー・ピュエッシュが出会い、パリを拠点に共に創作活動を続け、毎シーズン60型以上のコレクションを発表してきたと聞けば、その2人が紡ぎ出す奥深い世界感が一体どんなものなのか興味が湧いてきませんか?
 会場には“HOTEL JAMIN PUECH”と名付けられた5つの部屋が登場し、デザイナー自らがそれぞれの部屋に異なる“旅のかたち”を表現。
 過去のコレクションに新たな解釈を加えたアナザーストーリーを展開するとあって、これまでの軌跡をただ回顧するだけではない、ブランドの未来に向けてさらなる発見と驚きを見据えた空間に嫌がうえでも期待感が高まります。

 また、展示の他にもうひとつのお楽しみが同じく登場するポップアップショップ。
こちらでは、カップケーキにろうそく20本をつけた、キュートでスペシャルな記念バッグを展示販売。
それに2012年春夏コレクションの商品もラインナップしているので、まさに見て、楽しんで、実際にお買い物ができるとっておきの空間がお目見え、というわけです。

20周年記念バッグ ¥48,300
20周年記念バッグ ¥48,300

 ちなみにタイトルにある“7385”という数字は、ブランドがスタートしてから7385日目にこの展示を迎える、という意味。
思い返せばあっという間でも、それまで支え合って過ごしてきた濃密な日々がこの数字に凝縮されているのでしょう。
もしかしたら2人の相乗効果で生まれるクリエーションには、恋と同じで喜びもあれば忍耐もあったかもしれません。
例えば恋=絆=長続きする秘けつ、といった目線と重ね合わせて、“ジャマン・ピュエッシュ”の歩みを辿ってみるのもまた面白いかも?

JAMIN PUECH 20周年記念展 – 7385号室お願いします –
期間:5月9日(水)〜5月16日(水)
会場:渋谷PARCO PART-1 6F パルコファクトリー
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
時間:10:00〜21:00
※ 初日5月9日は18:00まで
URL:http://www.hpfrance.com/jamin_catalog

●20周年記念バッグは下記直営店でも販売
JAMIN PUECH 表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前5-2-11
電話番号:03-5464-2780
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休

JAMIN PUECH 大阪店
住所:大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ1F
電話番号:06-6346-2327
営業時間:11:00〜21:00
定休日:年中無休(年末年始を除く)

Text/Yoko Kondo(Fashion editor)

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話