マグロの夫に満足できなくてモヤモヤ

Y: さっきもちょっと言ったんですけど、セックスのことでちょっと悩みがあるんですよ。

――何?

Y: 知り合って一年で結婚した夫が、性経験の多くない、これまでのセックス回数は両手で足りるみたいな人なので、結婚してからあんまり性生活に満足できなくて。
私、結婚前は性生活の優先順位ってそんなに高くなかったから、こんなにモヤモヤするって思ってなかったんですよね~。

――うーむ。具体的にどういうところが不満なんですか?

Y: 私、手マンしてもらうのが一番気持ちいいんですけど、それがあんまり上手じゃない。
だから途中で「もういいよ」ってなって、私が上に乗っかって終わり。
できるなら手マンが上手だった元カレのところに行って修行させたい!

――なるほど。経験不足の旦那さんが、奥さんのやる気に甘えてマグロ男子になっちゃったと。
マグロは困るけど、考えようによっては回数こなしてヘンな自信つけちゃってる人よりもいいんじゃないですか。
ピロートークでうまい具合に褒めて、上手になるよう仕向けるとか……。
旦那さんは草食系というか、あまりセックスに興味のないタイプ?

Y: そうでもないんですけどね。
もしかしたら私がマグロを作っちゃったのかも……。
元カレと付き合ってるときはよく電マを使ったりもしてたんですけど、自分から夫に「電マ使って」とも言い出せなくて。

――でも、男子は誰でも「ヒイヒイ言わせたい」みたいな気持ち、少しはあると思いますよ。
一緒に電マでイカされるAV観て、それとなく「あの道具すごそう~」って言ってみたらどうですか。ドンキに行ったときにアダルトグッズコーナーに誘い込むとか。

Y: あ、それいいかも。ちょっとやる気出てきました。
もうやんちゃなセックスはやり尽くしたかなって思ったんですけど、やっぱりできることなら夫とのセックスで興奮したいし、イケるようにもなりたいです。

――時間はたっぷりあるんだから、頑張って教育していきましょうよ。

Y: そうですね~。
まだ一緒に電マを買いにいくところにさえ到達できていないけど、いつか旦那さんとハプバーに行ってみたい。今のところ、それが夢です(笑)。

 次回は、Yさんの取材後の遠藤さんの考察をお届けします。

Text/遠藤遊佐

遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

前後の連載記事