妄想力を鍛えるチャレンジ

「妻は聖女や娼婦にならなくていい」の記事でも書いたが、妻に完璧を求める男、「結婚しても女を忘れず美しくあれ」と望むような男は、「子どもができて妻が変わってしまった」と妻のせいにして浮気するのだ。

そもそも付き合いが長くなると、新鮮味が薄れてムラムラしなくなるのは必定。 結婚後もセックスを続けたければ、ボディや膣圧よりも妄想力を鍛えるのがオススメだ。

私の場合、行為中に「自分が男になって承太郎をオラオラ犯す」といった脳内オカズを駆使しているが、承太郎のようにセクシーなキャラじゃなく、全然セクシーじゃないキャラで抜ける方が妄想力は鍛えられるだろう。

そこで「鈴木宗男で抜けるか?」と考えてみた。 乙女ゲーのシナリオを多数手がけた者として、妄想の翼を広げてみたのが以下である。

宗男とアルテイシア~白い恋人~

北海道の吹雪の中で行き倒れ、寒さに震える私。

そこへ「どうしましたかー!!」と拡声器で叫びながら、選挙カーで駆けつけた小柄な紳士。

宗男「お嬢さん、お名前は?」

アル「アルテイシアです…」

宗男「ロシアの方ですか?」

アル「いいえ、ペンネームです。つかロシア人には見えますか?」

宗男「見えません。とりあえず、温かい場所へ移動しましょう」

【場面転換】

アル「ここは…ムネオハウス?」

宗男「ええ。ひとまずこれでも飲んでください、温まりますよ」

そういって彼は笑顔でマグカップを手渡してくれる。

宗男「親友の松山千春から送られたコーンスープです」

アル「そういえばCMで曲が使われてましたね…あったかい…」

その時、いきなり彼が手を握ってきた。

(さすが政治家、硬い握手…どうしよう、顔が赤くなっちゃうよ…!)

アル「い、いけませんわ、あなたは妻子のいる身でしょう?

不倫なんて公になったら、またマスコミに叩かれてしまう…」

宗男「私は疑惑の総合商社と呼ばれた男ですよ?過去のスキャンダルを考えたら、不倫ごときなんぼのものか」

つぶらな瞳で見つめられ、鼓動が一気に加速する。

(トクントクン…静まれ心臓!)

宗男「私には元駐日ロシア大使との間に太いパイプがあります、2人でサハリンへ逃げましょう」

アル「サハリン…ですか…?」

見つめ合ったまま、ゆっくりと2人の唇が近づいた―――

その時、

バーン!!!

大きな音を立ててドアが開く。

???「イケマセーン!!」

アル「あ、あなたは…ムルアカさん…?!」

 ムルアカさんとは、鈴木宗男氏の元私設秘書(ザイール出身)である。ここからのBL展開も考えてみたが、股も心も微動だにしなかった。

 ちなみに「収監中の宗男、刑務所の女医のアルテイシア、2人の間に恋が芽生えて」というプリズンブレイク的な設定でも考えたが無理だった。私もまだまだ修行が足りない。

 もっと妄想力を鍛えて、どんなオカズでも抜ける伝説の勇者を目指したいと思う。

※2016年10月18日に「TOFUFU」で掲載しました

次回は<STOP!毒親ポルノ。学研の図鑑シリーズに「毒親図鑑」を入れてほしい/59番目のマリアージュ>です。
血がつながっていようが、和解できないものはできない!それが「毒親」なので、安易なアドバイスは悩んでいる人を傷つけるだけかも。毒親の呪いに苦しんだアルさんが、毒親とは、そしてカムアウトされたときどうすればいいのかを教えてくださいます。

最新刊発売!

 過去10年間に執筆したエロコラムが詰まった『アルテイシアの夜の女子会』が2018年2月7日に発売。表紙はTOFUFUでも連載してくださっているカレー沢薫さんのイラスト。BL研究家・金田淳子さん、妖怪作家・ぱぷりこさんとの対談も収録。

待望の電子書籍化!

 入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!
本連載でおなじみの59番さんとの出会いが綴られています。

 59番さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

大ヒット発売中!

 アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。
パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪

前後の連載記事