前回までのお話)ナギに早速一緒に住む提案をするが、早いといわれがっかりし、何か思っていたのと違うとつい感じてしまう乙葉。ある日、会社で時村とハレが一緒にいて…

辞めたほうがいいよ

この続きは電子書籍12巻で読むことができます!

無料公開中の話を読む

#001 恋愛が存在しない世界の話
#002 レンアイは独占欲の強い、怖い人?
#003 「生きづらい…」なぜ私は少数派のレンアイ?
#004 「私にはダーリンがいるの」人生を変える出会い