• special
  • 2018.03.22

ホステスの女の子になぜ色気を感じたか?『サロメ』で紐解く正体

とある機会に、ホステスさんと接したチェコ好きさん。彼女から溢れる「色気」の正体を考えていると、「むちむちしていて、さらに“しっとり”していること」ではないか?と確信したそう。その背景には、ギュスターヴ・モローの『サロメ』の絵画がありました。

この人、エロっ!!

色気がほしい エロっ 色気 しっとり むちむり サロメ
Valeria Boltneva

「私、手がすごく“しっとり”してるんです。ハンドクリームなんてほとんど塗らないけど、学生のときとか、テスト用紙が濡れてしわしわになっちゃって」

 ある女性が、自分の手のひらを少しニギニギしながら、上目遣いで微笑みつつそう言った。
瞬間、私が思ったのは、「この人、エロっ!!!」ということである。
実際、女性の隣に座っていた男性も、「そうだね、あなた、なんか、“しっとり”してるもんね……」と、デレデレのご様子だった。

 都内某所、とある会員制クラブ。私が何の用でそんな場所にいたかについては割愛するが、「テスト用紙を手汗でしわしわにしちゃう」と言ったこのホステスの女性・亜美さんは、私に「色気」に関するさまざまな示唆を与えてくれた。
本来であれば、社会学的文献や文学作品などを引用しつつ、思慮深く「色気」について語っていきたいところなのだが、亜美さんのおかげで、私は幸か不幸か「色気とは何か」を明確に言語化する術を持ち合わせてしまった……!

 色気とは何か。ズバリ、それは「むちむちしていて、さらに“しっとり”していること」である。白いロングドレスの胸元からのぞく亜美さんの豊かな谷間であり、テスト用紙をしわしわにしてしまうハンドクリームいらずの亜美さんの細い手なのである。
私たちが「色気がある」と言われる女性を頭の中に思い浮かべたとき、壇蜜でも椎名林檎でも、だいたいこの「むちむち・しっとり」で説明できるはずだ。

「むちむち」に関していうと、ようは胸とお尻を中心に身体がふっくらしていればいいわけだが、これは生まれつきの部分があるし私が語るまでもない話なので、今回は多く触れない。
私が考えたいのは、テスト用紙がしわしわになるほどの「しっとり」のほうである。

   

すべては「しっとり」のために

 思えば、私たちはなぜ瞼に「濡れたようなツヤ」を出すと評判のアイシャドウを塗りたくるのか。なぜボディクリームで全身を保湿しようとするのか。すべてはこの「しっとり」のため、もっと直接的に言えば、しっとり濡れている=生殖可能な身体であることを示すためである。
ハンドクリームなどなくして手が潤いに満ちており、かつその潤いをテスト用紙にまで与えてしまう亜美さんを私が「エロっ!!!」と思ったのは、このようなことを根拠に説明できる。

 ……が、亜美さんの話だけで終わってしまうのも情けないので、せっかくなので文学・美術方面からも考えてみよう。
「色気のある女」と言われたとき私の頭にまず思い浮かぶのは、オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』に登場する主人公、サロメである。

 義理の父親ヘロデ・アンティパスの前で魅惑的な舞いを踊り、惚れた男・洗礼者ヨハネの首を差し出すよう求めるサロメはさながら、「男を狂わす女、運命の女(ファム・ファタール)」の代名詞のように語られる。
イエスに洗礼をさずけた聖者を破滅へ導いた稀代の悪女として、キリスト教世界に与えたインパクトが大きかったせいだろう。サロメの物語はときに危うい魅力となって、数々の芸術家の想像力をかきたてた。

 ワイルド原作のサロメはちょっと幼く少女らしい面があり、どちらかというと男性である洗礼者ヨハネのほうがお色気ムンムンだ。なので私的にグッとくるのは、『サロメ』をもとにギュスターヴ・モローが独自の想像力を働かせて描いた絵画のサロメのほうで、見てわかるとおり彼女は何とも危険な魅力に満ちている。

   
サロメ. G.モロー「サロメ」、1876年。.
サロメ. G.モロー「サロメ」、1876年。.

 全身にタトゥーが入った身体は退廃的な雰囲気を感じさせるとともにやっぱり「むちむち」しているし、さらにモローの筆はサロメに淫靡な潤いをまとわせ、事後のように「しっとり」と上気した汗が観る者を魅了している。こんな女に色仕掛けをされたら、男女関係なく腰から崩れ落ちてしまうだろう。

 もう何年も前の話になるが、パリ・モンマルトルにあるモロー美術館でこの『サロメ』を観たとき、私は亜美さんを前にしたときと同じように「エロっ!!!」と(心の中で)叫んでしまった。
絵画の世界であっても「むちむち・しっとり」で色気は説明可能なのである。

 お店に来る男性だけでなく、少女らしい振る舞いと気配りでママにもしっかり信頼されていた亜美さん。しっとりした手をニギニギして男性を虜にしたその後は、今度ママに連れていってもらうラスベガスの話を楽しそうにしていた。
「いいなあ、ラスベガス……」と私は指を咥えながら聞いていたわけだが、最近の私は手が乾燥してスーパーの袋がなかなか開けないので、「色気」を獲得するために、まずはハンドクリームで保湿するところから始めなければならない。

Text/チェコ好き

関連キーワード

ライタープロフィール

チェコ好き
ブログ「チェコ好きの日記」で旅・読書・アートについて書いている、硬派な文化系ブロガー。
今月の特集

AMのこぼれ話